• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本児童教育専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 柏木 真祈さん(総合子ども学科(昼間部)/保育士)

毎日笑顔で明るく挨拶や返事をしたり、話しかけやすい雰囲気や話していて楽しい雰囲気になるように心がけています

先輩の仕事紹介

小さい頃の自分の様な子どもの心の拠り所になりたい!と思ったことが原点です

保育士
総合子ども学科(昼間部)/2017年卒
柏木 真祈さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

保育士として保育園で子どもたちを心身共に安全にお預かりし、基本的生活習慣や社会性を身につけられるようにしています。保育士は1人で働いているのではなく、チームで保育をしています。子どもに対してたくさんの目で見守っていくことが子どもの安定や成長に繋がるので、保育者同士が積極的に関わっていく必要があります。不意に「まきせんせい大好き!」と抱きしめてくれたり、思いのこもったお手紙をくれる子どもたちに日々元気とやりがいをもらっています。

学校で学んだこと・学生時代

学生時代は、人と関わる機会を増やし、視野を広げるために、学校で開催している子育て広場に参加したり、ボランティアに積極的に参加していました。子育て広場に継続的に参加していた中で、子どもたちの成長を側で見ることができ、保育士としてのやりがいを感じるきっかけになりましたね。学校のサポートについては、1クラスに1人担任の先生がいて寄り添ってくれるアットホームな雰囲気で、実習や就活の際に、様子を絶えず気にして、何かあれば相談にのってくださり、親身になって関わってくれたことが記憶に残っています。

学校では基礎から積み上げて、幅広い知識を教えてもらえたので、視野が広くなり、どんなことでも落ち着いて対応できています

分野選びの視点・アドバイス

保育業界で働いていくには、子どもの幸せを第一に考えて動くことが大切です。また、一緒に働く方と協調性を持って関わることも欠かせません。私は接客のバイトや、保育補助のバイトで色々な方と関わることで、学生生活を送るだけでは知ることができなかった人の思いや、気持ちに気づくことができました。それが今の仕事で子どもの気持ちに気づけることに繋がっていると思います。あとは、社会人になると自由な時間がどうしても減るので、やりたいことをやったり、行きたいところに行くことで視野を広げて、楽しく過ごせるといいと思います。

手遊びの授業や実習で得た知識と経験は今の仕事に直接活きています

柏木 真祈さん

株式会社こどもの森勤務/総合子ども学科(昼間部)/2017年卒/屋久島おおぞら高等学校卒 幼い頃から自分より年下の子のお世話をすることが好きだったり、小・中で不登校になった時にカウンセリングに通い、福祉の世界に触れることや、自分を受け入れてもらえた経験から福祉関係で子どもに携われることをしたいと感じたという柏木さん。後輩がどんどん増えてきたこともあり、後輩指導にも力をいれたいと積極的に挑戦しています。勤務先を選んだ理由は、関東に多く開園しており、子どもと保護者のニーズに合わせた保育を行なっていることや、園自体が木を基調としていて、職員同士が温かい雰囲気であったため。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本児童教育専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT