• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 富山大原簿記公務員医療専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐々木 彩音さん(医療秘書学科 医療事務コース/医療事務・秘書)

富山県認可/専修学校/富山

トヤマオオハラボキコウムインイリョウセンモンガッコウ

日々成長し少しでもお役に立てるよう頑張りたいです

先輩の仕事紹介

受付は病院の顔。気配り目配りを大切にし、患者様の安心につながる対応をしていきたい

医療事務・秘書
医療事務コース/2017年3月卒
佐々木 彩音さん

この仕事の魅力・やりがい

富山市にある長谷川病院で受付として働いています。仕事の内容は、外来の患者様の受付や会計業務、そして電話対応などさまざまです。痛みやつらそうな患者様もいらっしゃるので、常に気配りや目配りを大切にし、お一人お一人に合わせた対応を心掛けています。この仕事をしていてやりがいを感じるのは、患者様から「ありがとう」の言葉をいただけたときです。受付は病院の顔とも言われ、毎日たくさんの患者様と接する大切な仕事ですので、私自身も日々成長して、少しでもお役に立てるよう頑張りたいと思います。

学校で学んだこと・学生時代

学生時代は友人たちと一緒に勉強したり雑談をしたりと、いつも学校に居残っていました。おかげで医療請求事務検定や医療秘書実務検定、電卓検定、サービス接遇検定とたくさんの検定を受けることができました。また、オープンキャンパスのスタッフをしたりスポーツフェスティバル(大原グループ校が集まる大運動会)のリーダーをしたりと、勉強にイベントにと本当に充実した学生生活だったと思います。大原には同じ目標を持った仲間がたくさんいて、何でも相談しやすかったですし、勉強以外のイベントも多くいろんなことにチャレンジできたので、忙しいくらい充実した学生生活を過ごしたい人には絶対お勧めだと思います。

充実の学生生活を過ごしたい人に大原は絶対お勧めです

分野選びの視点・アドバイス

私は高校時代から医療事務の仕事に就きたいと思っており、資格がたくさん取れて就職にも強い大原に進学。そして今の病院に就職しました。このように最初から医療事務を目指していた私でも、資格取得に向けた勉強や面接の練習など大変なことが多かったです。しかし、実際に働き感じたことは、日頃取り組んでいることは必ず将来につながるということでした。特に“面倒だな”と思うものこそ、自分にとって大事なことだと思います。だからどんなこともおろそかにせず、しっかりと取り組むことが大切だと思います。

佐々木 彩音さん

長谷川病院勤務/医療事務コース/2017年3月卒/高校時代からの夢が叶い、医療系の仕事に就き病院受付として多忙な毎日を過ごす佐々木さん。「患者様への対応やレセプト業務、電話対応など、まだまだ未熟なところがたくさんあります。先輩方の対応の仕方を見て学んで、自分を成長させていきたいです」と話す佐々木さんは、現在の自分をスキルアップさせ、患者様の安心につながるような対応をしていきたいと最高の笑顔で話してくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

富山大原簿記公務員医療専門学校(専修学校/富山)