• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 北海道ハイテクノロジー専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐藤 一葉さん(義肢装具士学科/義肢装具士)

患者さんの生の声を聞けるのも魅力です

先輩の仕事紹介

自分が作った装具を着けた方の元気な姿や笑顔が仕事の原動力に

義肢装具士
義肢装具士学科卒/2017年卒
佐藤 一葉さん

この仕事の魅力・やりがい

装具や義手・義足が必要な方がいらっしゃるので、医師の指示の下で作っていくのが義肢装具士の仕事です。例えば腰が痛いという方にはコルセット、身体の変形が強い方には支えてあげるものを作ります。装具はオーダーメイドで作るものなので、実際に患者さんに触れて採寸したり、包帯を巻いたり、作った後フィッティングに立ち合えるのは国家資格を持っている義肢装具士の役目となります。子どもが好きなので、主に子どもの装具に関わらせていただいていますが、症状や装具の具合などつかみにくく難しい面も多いです。工夫を重ねて完成した装具によって、元気に過ごしている姿や笑顔を見るとやってて良かったと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校生のときにバレーボールをしていましたが、腰を痛めて病院に行ったら、コルセットを作ることになりました。そこで義肢装具士という職業を初めて知りました。ものづくりが好きだったことや手に職をつけたいという思い、そして人の役に立てる職業を考えたときに、“ハイテク”の義肢装具士学科が目についたのがきっかけでした。オープンキャンパスに参加して、実際の仕事の様子を知り、在校生についていただきながら実際に型どりの仕方を体験させてもらったりして、自分に向いているかなと思い入学を決めました。人助けができるという点も魅力でした。

子供用の装具には可愛くプリントをつける工夫も

学校で学んだこと・学生時代

1年次は解剖学や生理学など医学的な基礎を身につけながら、製作もしていきます。2年次からは作ったものが実際どういうふうに装着されるのかなど、実践的な学びが増え、4週間から6週間、全国各地の製作会社に散らばって実習を行います。私は2年次に愛知県、3年次に現在の勤務先である東京に行きました。義肢装具士学科の工具や機械が大掛かりなものが多い上に、かなりの台数があったり、道具もしっかりそろっているので、最新の設備が整っているなか、学ぶことができます。今の職場でも学校のあの工具があったらよいのにと思うことがあるくらい、恵まれた環境だと思います。

その人にあった装具の微調整はとても大切です

佐藤 一葉さん

日本義手足製造株式会社勤務/義肢装具士学科卒/2017年卒/地元の北海道での就職を望んでいたが、3年次の実習先であった現在の勤務先である東京の会社に就職。自由にいろいろなことをやらせていただけて居心地がよかったことや、地元に比べて東京のほうが様々な症例が見られること、そして小児整形に携われることが決め手だったという。細かい作業やものづくりが好きということに加えて、人のために何かをしたいという気持ちや人と話すのが好きということも義肢装具士には必要な素養という佐藤さん。仕事に就いて3年目、新しいことに毎回チャレンジできて、できることも知識も技術も幅広くなっているのが楽しいと自身の成長を頼もしく感じている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

北海道ハイテクノロジー専門学校(専修学校/北海道)