• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 名古屋工学院専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 河野 芳香さん(ゲームCG学科/CGアニメーター)

入社1年目。早く一人前になれるよう頑張っています

先輩の仕事紹介

アニメの重要なシーンを任せてもらえるように、もっともっと実力をつけたい

CGアニメーター
ゲームCG学科/2020年卒
河野 芳香さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

ゲームやアニメーションの制作会社でCGアニメーターとして制作にあたっています。入社当初はキャラクターの動きの少ない簡単なアニメーションを担当していましたが、最近では激しいアクションシーンやストーリーの中で大切なシーンも任せていただけるようになり、そんな時にやりがいと自分の成長を感じます。仕事の難易度が上がる度に、CGアニメーターとして着実にステップアップしていると実感できて嬉しいです。逆に上手く描けず落ち込むことも。描き方がわからなくなった時は自分で動いてみる。実際に描きたい動きを動画に撮って見たり、上司から参考になりそうなアニメを教えていただいたり、そうしながら一つ一つの仕事に取り組んでいます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私は幼い頃泣き虫でしたが、大好きなアニメやゲームに登場するキャラクターを見ると元気に!いつの頃からか、自分も「誰かを笑顔にできるアニメやゲームを作りたい」と思うようになりました。これが私の原点であり、この分野を選んだ理由です。好きなアニメやゲームを学びたくて、いろいろな学校の情報を集めて体験入学に参加。その1校として名古屋工学院専門学校に行きました。ゲームだけでなく、コンピュータや映像系の学科もあり当時、映像にも興味があったので、気になる学科すべての体験授業に参加し最終的にゲームCG学科を選択。3Dソフトを使ってドラゴンを作った体験授業が楽しく、先生は話しやすい、良心的な学費が決め手になりました。

上司は優しい方ばかりで仕事がしやすいです

学校で学んだこと・学生時代

専門学校の1年生の時はデッサンに力を入れていました。絵を描くことは苦手だったのですが、CGアニメーションで大切なパースや構図などのスキルをしっかり身につけることができ、仕事にも役立っています。2年生ではゼミに所属し、初めてのアニメーションを制作!3分程のものでしたが、ストーリーからすべて自分一人で作り上げました。何日もかけてやっと完成した時の達成感は忘れられませんし、私の初作品として大切にしています。その時指導してくださったのが現役CGクリエイターの先生。将来本当に仕事としてやっていくための現実的、実践的なことを教えてくださったおかげでCGアニメーターとしての私がいると思います。とても感謝しています。

時には相談したり、同期がたくさんいて心強いです

河野 芳香さん

株式会社サブリメイション 勤務/ゲームCG学科/2020年卒/高校は姉がいるからという理由で選び、初めて自分で決めたことが「名古屋工学院専門学校で学ぶこと」だった。絵を描くのが苦手、パソコンを触ったことがない、授業についていけるのか心配…。でも自分で決めた道だから頑張るしかない!という決意で入学。「私と同じ初心者もたくさんいて、授業はパソコンを触ることからスタート。本当に一から丁寧に教えてくださるので安心しました」。ゲームCG学科修了後、研究科に進み、(株)サブリメイションに入社。「今の上司が特別授業の講師として教えてくださり、それが縁で今の職場に。同期もたくさんいるので刺激になり頑張る力が湧いてきます」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
名古屋工学院専門学校(専修学校/愛知)
RECRUIT