• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 東洋医療専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 匠原 響さん(歯科技工士学科/歯科技工士)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

トウヨウイリョウセンモンガッコウ

患者さんに喜ばれるものをつくることがやりがい!

先輩の仕事紹介

ものづくりが好きという気持ちを持ち続け、夢のデンタルラボを開業!

歯科技工士
歯科技工士学科/2007年卒
匠原 響さん

この仕事の魅力・やりがい

私が経営する匠デンタルラボラトリーでは、主に差し歯やかぶせ歯をつくるクラウンワークを行っています。自費診療の分野では、インプラント、オールセラミックス、ジルコニアなど。基本的には金属はあまり使わないのがポリシーですね。仕事のやりがいは、患者さんが満足いくもの、喜んでいただけるものをつくり、使用してもらうこと。「患者さんに喜ばれることを喜びに」。これは昔勤めていた歯科医院の院長の言葉なのですが、開業しても患者さん一人ひとりの希望に沿い、納得いただける技工物をつくることができた時は、大きな達成感を得られますね。兄の歯科医院が近くにあり、患者さんを身近に感じながらものづくりができています。

学校で学んだこと・学生時代

東洋医療専門学校を選んで良かったと思うのは、3年制教育だったことですね。2年制だと、国家試験合格のための授業がメインになると思いますが、3年制のカリキュラムでは、国家試験合格+αのことをいろいろ学べました。学生時代に外部の勉強会に行かせていただいたことも、新しい発見や気づきがあり、すごく勉強になりましたね。それに学生時代は、審美クラブに入っていた中で、学園祭の時にみんなでいろいろなものをつくったのは楽しい思い出。高校卒業後すぐの学生だけでなく、私のように大学卒業後や社会人を経験して入ってきた学生など、幅広い年齢の友達ができ、一緒に学んだことは、今も忘れられません。

身につけた高度な技術を駆使したものづくり

分野選びの視点・アドバイス

歯科業界、歯科技工士という仕事は、なかなか厳しい業界だと思います。私自身は、ものづくりが好きということから、この仕事に興味をもって、おもしそうだと感じて、この道に進みました。その意味では、東洋医療専門学校を卒業して就職し、そして独立開業した今もそのおもしろさを持ち続けていられるのは、幸せなことです。どんどん新しい技術が出てきて、それらを試したりするのも、刺激になりますし、自分の成長につながりますからね。これから歯科技工士をめざす皆さんに問いたいのは、まず「ものづくりが好きか?」ということ。何かをつくることが楽しい、新しいことを知るのが喜び、という人なら、きっと歯科技工士は最高の仕事ですよ。

歯科医のお兄さんと共に患者さんの歯の健康を支える

匠原 響さん

匠デンタルラボラトリー 代表/歯科技工士学科/2007年卒/ものづくりが好きで、小さいころから手先も器用だった匠原さんが最初に選んだ進路は、大学の建築学科。しかし父親が歯科医だったことから、歯科技工士のことを知り、興味を持ったという。大学卒業後、東洋医療専門学校に入学し、3年間で歯科技工士として必要な知識と技術を習得した。卒業後は、歯科医院の院内ラボで歯科技工士としての経験を積み、2017年に匠デンタルラボラトリーを開業。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東洋医療専門学校(専修学校/大阪)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路