• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 盛岡医療福祉スポーツ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 笹倉 桃子さん(鍼灸学科/鍼灸師・柔道整復師)

岩手県認可/専修学校/岩手

モリオカイリョウフクシスポーツセンモンガッコウ

現校名 盛岡医療福祉専門学校 2020年4月名称変更予定(計画中)

症状のカウンセリング後、鍼灸治療へ。お灸を使うことも

先輩の仕事紹介

いつかは女性疾患に悩む人の助けになりたい。見極めの力を磨き、たくさんの方を笑顔に

鍼灸師・柔道整復師
鍼灸学科・柔道整復学科 卒/2015年鍼灸学科卒・2018年柔道整復学科卒
笹倉 桃子さん

この仕事の魅力・やりがい

薬に頼らず、体本来の持つ“みずから回復しようとする力”を大切にするのが東洋医学。わたしたち柔道整復師や鍼灸師は、体の痛みを抱える方の体を実際に触ることでその原因を見極め、ひとりひとりに寄り添った方法で体質改善へ導いていきます。ケガや事故の後遺症、原因不明の痛みなど、患者の悩みはさまざま。患者自身が気づいていない部分に原因があることも多く、先日も腕を上げるのも難しいほど五十肩に苦しむ方が来院されたのですが、実は首の後ろに問題があるのでは?と推測して施術をしたら、すっかりよくなられて笑顔で帰っていかれました。自分の見極めの力を磨くことが困っている方の笑顔に繋がる、そんなところにやりがいを感じます。

学校で学んだこと・学生時代

実はあんまマッサージの技術を学びたかったのですが、勘違いで鍼灸学科に入学してしまい…ところがすっかり東洋医学の魅力にハマってしまって、結果オーライでした(笑)。盛岡医療福祉専門学校の講師陣はその分野のスペシャリストがたくさんいるので、好奇心の湧く面白い授業ばかりなんです。特に印象深かったのは脈診の講義。脈の強弱やスピードから体の不調を探り当てられるという内容に脈の奥深さを感じ、もっといろいろ学びたい!という意欲が湧いたのを覚えています。体の構造についてもっと知識を深めたいと考えるようになり、鍼灸学科を終えた後に柔道整復学科に転科。6年かけて多様な理論と技術を習得することができました。

鍼(はり)を用いて手の血流を促進。全身の血行改善に

この分野・仕事を選んだきっかけ

勤めているもりや接骨院は、学校を通じたご縁なんです。院長の森谷先生は多様な分野に挑戦されているアグレッシブな方で、私の成長にも繋がるのではと学校から推薦していただきました。当院では針の力で肌の新陳代謝を促したり、むくみやたるみの改善につなげる「美容鍼灸」もおこなっていて、毎日いろいろな経験が積めてとても楽しいですよ。今は女性特有の疾患に興味が出てきたところで、今後は鍼灸を通した不妊治療などの分野も勉強していきたいなと考えています。そしていつか鍼灸をメインにさまざまな方の笑顔に繋がる医院を開業できたら…。そのために今は学ぶことがたくさんありますが、夢に向かってひとつひとつ頑張っています!

柔道整復師でもある笹倉さん。マッサージ施術もお手のもの

笹倉 桃子さん

もりや接骨院・鍼灸治療院/鍼灸学科・柔道整復学科 卒/2015年鍼灸学科卒・2018年柔道整復学科卒/青森県立三沢商業高校出身。幼い頃から家族の肩を揉むのが得意だったという笹倉さん。体が楽になって喜ぶ人々の顔を見ているうちに、自然とこの道を志すように。鍼灸学科で鍼灸技術を3年学んだ後、柔道整復学科に転科してさらに3年学んだ努力家。「部活や仕事帰りの患者さんも多いので、就業時間は長くなりがち。ハードな面もある仕事ですが、自分がどんな施術者になりたいか?という指針を大切にしていれば大丈夫!」とアドバイスをくれました。趣味は散歩や温泉巡り。お休みの日は初めて暮らす山形ライフを満喫しているそう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

盛岡医療福祉スポーツ専門学校(専修学校/岩手)