• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京理容専修学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小柴 進之介さん(昼間部(理容師養成コース)/理容師)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウリヨウセンシュウガッコウ

1年生から理容組合のサロンを体験でき、理容組合の方が授業をしてくださったおかげで、現場のことを早くから理解できました

先輩の仕事紹介

お客様の人生に合った髪型に仕上げる理容師の仕事は、とてもクリエイティブです

理容師
昼間部(理容師養成コース)/2019年卒
小柴 進之介さん

この仕事の魅力・やりがい

東京の神宮前にある理容店に勤務しています。アメリカのクラシックなスタイルが好きで「この店で働きたい!」と思い、就職しました。就職したばかりのため今は下回りを担当。先輩の補助を行ったりシャンプーに入ったりしています。お客様は年配の方が多く、場所柄か平日は半数以上が外国の方。外国の方は柔らかい髪質が多く、カットやシャンプーの対応力を広げられると期待しています。この仕事の魅力は、クリエイティブ性豊かなところ。お客様の要望を聞きながら、ハサミ一つで思い描くイメージを繊細に表現することができます。この店で技術と感性を磨き、お客様に喜ばれ周囲に大きな影響を与えられる理容師になりたいと考えています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

進路に迷っていたとき、地元で入った理容店の方に憧れてこの道を選びました。その方がいろいろな仕事を経験し最終的に理容師を選んだという話に共感。信念を持って働く姿が格好良いと思いました。東京理容専修学校を選んだのは、理容組合が設立した学校だから高い技術が身につき、現場のことをより多く学べると考えたからです。夢は独立して自分の店を持つこと。そして何か一つ輝くものを身につけて、お客様を満足させたいと思っています。たとえば、顔剃りのときお客様がリラックスして眠ってしまうことがあります。刃物を顔にあてて気持ちよくさせられるのはスゴイ技術。技術でもサービスでも自信になるものを見つけて極めたいと考えています。

仕事をしやすいように道具を丁寧にそろえます

学校で学んだこと・学生時代

学び始めてすぐに楽しくなりました。イメージした髪型を一から作りあげていくという“創造すること”の面白さに惹かれたからです。驚いたのは先生方のテクニック。ミリ単位の精密なカットで、人の印象をガラリと変えられることに感心しました。先生からは「お客様をよく見ろ!」と注意されたことを覚えています。頭の形や髪質などを外見だけでなく、生活スタイルや内面まで理解することで、その人に合ったヘアデザインができるという教えです。そのことは今も守っています。自信になったのは、2年のとき青蔦祭(学園祭)の技術コンクールでデッサン部門の優秀賞をもらったこと。自分の強みを一つ認めてもらえ、とてもうれしかったですね。

先輩方の話が勉強に。時には練習台になってもらうことも

小柴 進之介さん

WOLFMAN barbershop 神宮前店 勤務/昼間部(理容師養成コース)/2019年卒/静岡県出身。高校を卒業後いったん大学生活を送るが、地元でたまたま入ったサロンで出会った理容師に憧れ、自分も目指そうと決心。東京理容専修学校に入学する。学校へは実家から2年間通学した。就職先のWOLFMAN barbershopは雑誌で知り、アメリカンスタイルのクラシックな雰囲気が気に入って面接を受け入店する。現在は新人として主に下回りを担当。「先輩で早い方は入社数ヶ月でカットを担当しています。自分も早くカットを任されるようになりたい」と先輩方の仕事を見て学んでいる。「昔の自分のように、自分を見て理容師を目指す人が一人でもいてくれたら」と願っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京理容専修学校(専修学校/東京)