• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 兵庫
  • 神戸医療福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 前田 昌紀さん(人間社会学部 経営福祉ビジネス学科/児童指導員)

先輩の仕事紹介

本当の家族のように愛情を感じられる毎日を。心豊かに成長する子どもの姿が喜びです!

児童指導員
人間社会学部 経営福祉ビジネス学科/2020年卒
前田 昌紀さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

父の後を継ぎ、実家のファミリーホームを運営しています。この施設の役割は、家庭内で愛情を受けられなかった子どもたちに心豊かで安心できる生活環境を提供し、社会人への成長を支援すること。傷ついた子どもが少しずつ元気を取り戻し、悲しみ、苦しみ、喜びを感じながら生きていく…。その姿を身近で見守れることが大きなやりがいです。不登校だった子が本施設での生活を通して大学まで進学し、立派に社会へ巣立った時の話です。「この家に来てよかった。みんなと家族のように過ごせて幸せだった。」と話してくれたんです。今でも忘れられないほど感動的な瞬間でした。今後も多くの子どもと喜びを共有できるよう、親身な支援を続けていきます!

学校で学んだこと・学生時代

施設を経営するかたわら、グループホームの職員としても働く私。日々の生活支援から役所・関連施設との連携、さらにホーム経営のための思考・行動と、幅広い業務をこなさなければなりません。そこで力になるのは、大学時代に福祉と経営の両面を専門的に学べた経験です。先生方も親身な方ばかりで、目標に歩む私の成長を力強く支えてくださいました。また、日々のコミュニケーションが大切な福祉の現場において、留学生をはじめさまざまな文化や個性を持つ人々と交流を重ねられたのも貴重な経験です。あらゆる手法を活用し、相手に伝わりやすいコミュニケーションを実践できているのは、出会いも体験も充実した大学生活のおかげです。

幅広い年齢の子どもたちの生活をサポートしています

分野選びの視点・アドバイス

人にやってもらって嬉しかったことや、人からされて悲しかったこと。誰もがそんな経験を持っていると思います。福祉の現場も同様で、まず自分が経験した“嬉しいこと”を実践してあげる姿勢が大切。もちろん相手の意思の尊重が前提ですが、そうした親身な対応やサービスはきっと相手に伝わるものです。コロナ禍の現在、心身の弱っている人を守るためにも、福祉のプロはより強い責任と使命感が求められます。だからこそ皆さんが持つ“誰かのために働きたい”という意思は、社会を支える大きな力になるでしょう。勉学だけでなく、今しかできない交流や体験もめいっぱい楽しんで、豊かな心と広い視野を備えた素敵な人へと成長してください。

前田 昌紀さん

ファミリーホーム 運営/グループホーム 勤務/人間社会学部 経営福祉ビジネス学科/2020年卒/里親をするご両親のもと、家に預かる子どもと実の家族のように暮らしてきた前田さん。時には年下の子どもたちの良き相談相手となり、血のつながりを越えた信頼関係を築いてきた。「義理の関係ではありますが、弟や妹たちの幸せそうな笑顔を見ることが大好きでした。大学1年生で実家の施設を継ごうと決意したのも、自分にとって自然な成り行きでしたね」。尊敬するご両親の背中を追い、彼もまた高い志を持ち続ける。「地域福祉との連帯強化を図るべく、同業者の皆さんと悩みや情報を共有できる交流の場をつくることが今後の目標です」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

神戸医療福祉大学(私立大学/兵庫・大阪)
RECRUIT