• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大原医療福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 横山 貴久さん(介護福祉学科/福祉・介護職員)

北海道認可/専修学校/厚生労働大臣指定校/北海道

オオハライリョウフクシセンモンガッコウ

日々の会話を通して体調管理のサポートをしています

先輩の仕事紹介

介護のプロとしてのスキルアップだけでなく、スタッフの育成にもたずさわっています

福祉・介護職員
介護福祉学科/2007年卒
横山 貴久さん

この仕事の魅力・やりがい

介護という仕事は3K(きつい・汚い・危険)というマイナスイメージを持たれがちですが、実際に働いてみるとプラスイメージの3K(感謝・感動・クリエイティブ)であると感じています。介護を通して、高齢者や障がい者の方々の身体的・精神的な状態が改善し、その家族と喜びや安堵を共有できたときは、達成感や充実感を味わえます。また、主任職を拝命してからは、勤務形態を見直したり、電子カルテ(介護記録)を導入したりと、労働環境の改善にも努めてきました。さらに、勉強会や研修を通して、人材育成も担当。介護の仕事は人と人とが触れ合う仕事で、自分の取り組み方次第で相手の可能性が大きく広がる仕事なので、やりがいを感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

寮母(今でいう介護職員)の仕事をしていた祖母は、よく「あたわり」という言葉を口にしていました。それは「あなたに与えられた役割は、人のためになることをすることだよ。それがあなたのあたわりだよ」というものです。10歳の時に祖母は他界しましたが、「あたわり」という言葉はずっと心に残っていました。祖母への尊敬や憧れの気持ちは、いつしか祖母が携わっていた福祉分野の仕事へ興味を持つきっかけになり、自分も介護の道に進むことを決めました。介護は、人が人のために尽くせる仕事。生活の介助だけではなく、さまざまな事情から自宅で生活できない人が、生きがいを持って生活の継続をするためのお手伝いをする仕事だと思います。

リビングのようなホールではみんなで楽しく過ごします

学校で学んだこと・学生時代

学生時代は、振り返ってみると、実習やアルバイトなどの経験を積むことができる、社会に出る前の準備期間だったと感じます。介護実習では、介護の現場を目の当たりにして仕事の奥深さを学びました。そして、介護の道に進む意気込みや覚悟を培う経験になったと思います。また、大原で出会った友人たちは、卒業して10年以上経った今でも、悩みや不安を相談できる良き理解者となっています。福祉や介護を学べる学校はたくさんありますが、私は大原のオープンキャンパスに参加し、明るく前向きな雰囲気が気に入ったので、入学を決めました。

シフト管理や研修資料作成などデスクワークも多いです

横山 貴久さん

社会福祉法人宏友会 特別養護老人ホーム西野ケアセンター勤務/介護福祉学科/2007年卒/休日は子どもとドライブや釣りを楽しむという横山さん。介護の仕事に就いて10年以上経ち、中堅スタッフとなった今、仕事に就く前と後で変わったことを伺うと、「昔は介護というと“食事や排泄の介助”といったイメージでしたが、今は“その人が自分らしく生きるお手伝いをすること”が介護だと思います」と教えてくれた。また「この10年で介護技術や社会保障サービスは大きく変わりました。これからもどんどん進化していくと思いますが、利用者さまと信頼関係を築き、穏やかな笑顔を見られて嬉しいのは、10年前も10年後も変わらないと思います」と笑顔で語った。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大原医療福祉専門学校(専修学校/北海道)