• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 埼玉学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 田村 眸美さん(人間学部 人間文化学科/販売・接客・サービス)

私立大学/埼玉

サイタマガクエンダイガク

日本一楽しい会社が、私たちサマンサタバサの目標です

先輩の仕事紹介

接客が天職!日本一楽しい会社!自分もお客さまも楽しく!が私のキーワードです。

販売・接客・サービス
人間学部人間文化学科/2015年3月卒業/栃木県立佐野女子高等学校出身
田村 眸美さん

この仕事の魅力・やりがい

サマンサタバサのジュエリーブランド『サマンサシルヴァ』のお店で接客をしています。去年の秋のことです。私が新人のときから応援してくださっているお客さまから「もうすぐ結婚するの。結婚指輪は田村さんから買おうと決めていたので、お願いするわ」とのお言葉。打ち合わせを重ね、指輪ができあがって、お渡しの日。婚約者の方とお二人で来店されました。とてもお気に召していただけて、お帰りのときに私がお見送りしていると、お二人が途中で立ち止まり、振り返って手をふってくださったのです。うれしくてうれしくて、接客が私の天職だ!すべてのお客さまに笑顔で振り返っていただけるよう、いっそう心をつくしてがんばろうと思いました。

学校で学んだこと・学生時代

高校生のとき、飲食やアパレルのアルバイトを体験。人と直接ふれあうって楽しいと感じたのが、接客の仕事につこうと思ったきっかけです。そこで、人間と文化を幅広く学べる埼玉学園大学に進学。コミュニケーション学と心理学を軸に理解を深めました。対面で近づき過ぎると不快に感じる、後ろからより横から声をかけるほうが不安が少ないといった、人と話すときの距離感や接し方を学生同士で実験して確かめる授業など、どの先生も具体的に教えてくださったので、生きた知識が身につき今の仕事に役立っています。接客のアルバイトにも力を入れ、お客さま一人ひとりに合った接客の仕方を考えて行動することが大事なのだと生きた教訓を得ました。

みんなが知っている人気ブランド!誇りに思っています

分野選びの視点・アドバイス

サマンサタバサには「チャレンジレター」といって、自分がめざしたい姿をアピールして挑戦できる仕組みがあります。バッグや小物やアバレルなど、サマンサの多彩なブランドのお店を何日間か、実際に体験して視野を広げられる制度もあります。私はこうした環境を活用し、いろいろチャレンジしながら、天職だと思っている接客の仕事を究め続けてリーダーへ店長へ、どこまでもステップアアップしていこうと取り組んでいます。皆さんもぜひ、自分が好きなこと、得意なことを見つけて、将来「こうなりたい」というイメージを具体的に描いてみてください。目標を持ち、その目標に向かって全力で行動すれば、きっと道が開けると、そう信じて(笑)。

ジュエリーを通してお客さまとの会話を楽しんでいます

田村 眸美さん

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド勤務/サマンサシルヴァ北千住マルイ店/人間学部人間文化学科/2015年3月卒業/栃木県立佐野女子高等学校出身/小学校・中学校・高校、いずれも家から歩いて10分以内という「狭い範囲」で過ごしてきたことから、世界を広げたいと思ったのも、通学に片道2時間かかる埼玉学園大学を選んだ理由のひとつだそうです。勉強をしたり、音楽を聞いたり、人間観察をしたり、電車に長時間乗るのもまた面白かったとか。通学・授業・アルバイトと大忙しの学生生活でしたが、「大学とアルバイト先の両方で友だちがいっぱいできたので、毎日が楽しくて充実していましたね」と笑顔で語ってくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
埼玉学園大学(私立大学/埼玉)