• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 共栄大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山田 叶実さん(教育学部 教育学科/小学校教諭)

私立大学/埼玉

キョウエイダイガク

子どもたちから「山田先生、おはようございます!」と言われると、私もがんばろうと思えます。

先輩の仕事紹介

「失敗を恐れなくてもいい」というクラスづくりを心がけています!

小学校教諭
教育学部 教育学科/2017年卒
山田 叶実さん

この仕事の魅力・やりがい

小学校の先生になって2年目。現在は公立小学校で3年生の担任をしています。忙しい毎日ではありますが、クラスの子どもたちが「山田せんせー」と言いながら笑顔で近づいて来てくれるだけで、「今日もがんばるぞ!」という気持ちになれるんです。心がけていることは、「失敗しても認めてくれる」という環境づくり。そのために私もわざと間違ってみせたりして、「間違ってもいいんだ」と子どもたちを安心させる工夫をしています。そんなふうに、失敗を恐れずに発言してくれるようなクラスを作るため、今日も元気に黒板の前に立っています!

この分野・仕事を選んだきっかけ

教員を目指しはじめた最初のきっかけは中学生の頃です。妹に勉強を教えていたところ、「お姉ちゃんは教え方が上手くてわかりやすいね」と言われました。それを隣で見ていた母が、「将来は学校の先生になったらいいんじゃない?」とすすめてくれたんです。その後、高校時代には小学校の先生になろうと決め、大学を探したところ、共栄大学を見つけました。この大学は現場を経験した先生が多く、また、小学校現場での実習が豊富なので、「小学校の先生になるには最適だな」と思い、迷わず進学しました。

「間違いを恐れない」という雰囲気づくりをしています。

学校で学んだこと・学生時代

入学前に聞いていた通り、「学校ふれあい体験」「放課後子ども教室」「アシスタントティーチャー」など、1年次から地域の小学校で多くの実習経験が積めました。おかげで子どもたちへの接し方が身につき、今の仕事の即戦力になっています。また、教員経験豊富な先生が多いので、現場での対応方法や、教員採用試験のポイントもたくさん教えていただけました。特に、ゼミで学んだ「子どもが自分で調べたくなるような質問の仕方」や、教員採用試験の面接での「目をそらさない」「わからないことは素直に認める」などのポイントを教わったおかげで、無事に小学校の先生になれましたし、現在もこうして毎日元気にお仕事をすることができています。

プリント1枚にしても、いろいろと考えて作っています。

山田 叶実さん

伊奈町立南小学校 勤務/教育学部 教育学科/2017年卒/小学校の先生を目指して共栄大学に入学後、勉強や実習はもちろんのこと、オープンキャンパスのスタッフとしても活躍。「高校生を見ていると、自分たちも教員になるために入学した、という初心を忘れずにいられるんです」。その頃のメンバーとは今でも仲が良く、教員採用試験に合格した後輩のためにお祝いの食事会を開催したりするほど。休日の趣味はスポーツ・読書・映画。「子どもと全力で遊べるように、テニスやフットサルなどで体力作りをしています。また子どもたちにオススメしたいので、本や映画の情報収集にも余念がありません」と、好きなことと仕事を両立させた生活を送っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

共栄大学(私立大学/埼玉)