• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 新潟
  • 新潟医療福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 坂田 理穂さん(医療技術学部 臨床技術学科/臨床検査技師)

私立大学/新潟

ニイガタイリョウフクシダイガク

先輩の仕事紹介

患者様のまぶしい笑顔にふれるたびに、この仕事に就いて良かったとつくづく思います

臨床検査技師
医療技術学部 臨床技術学科/2018年卒
坂田 理穂さん

この仕事の魅力・やりがい

私が担当しているのは、心電図検査、呼吸機能検査、脳波検査など、患者様の身体にふれて行う生理機能検査です。1年目なので学ぶことが多いのですが、目下勉強中なのは、超音波(エコー)検査です。医師は、私たち臨床検査技師が行った検査のデータを元に、患者様の治療を進めていきますので、責任は重大ですが、医療に大きく貢献できるのがこの仕事の魅力です。検査の精度には検査技師の技量がじかに影響するので、接遇、知識、技術、どの面においても常に勉強は欠かせませんが、それだけ自分の成長を実感できる機会も多いです。患者様の痛みや不安を知り、それらをできるだけ軽減できるような声掛けや対応に努めています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

医療系ドラマの影響などもあり、小さい頃から医療職への漠然とした憧れを持っていました。その“憧れ”が、具体的な“目標”へと変わったのは、中学3年生の時です。職場体験の授業で薬局に行ったのですが、薬剤師の方から「臨床検査技師」という医療専門職の存在を教えていただきました。そうして自分でいろいろと調べていくうちに、臨床検査技師というのは、医師が診断したり治療方針を決定するために医療現場になくてはならない職業だと知りました。責任は重いけれども、その分やりがいのある仕事だと確信し、目指すことにしました。

責任は重大ですが、医療に大きく貢献できるのがこの仕事の魅力。

学校で学んだこと・学生時代

臨床検査技師と臨床工学技士という2つの国家資格取得(Wライセンス)を目指すカリキュラムを持っていたことが、新潟医療福祉大学を選んだ第一の理由です。実際に、両方の専門的な知識を学び、両方の国家資格を取得できたことが、現在の自分を支える自信につながっています。印象に残っている授業は「免疫学」です。かなり厳しい授業でしたが、今の仕事にとても役立っています。また、4年次に所属していたゼミの先生が、ゼミ生一人ひとりに対して丁寧に向き合ってくださったおかげで、国家試験への不安や就職の悩みを解消できました。今でも感謝の気持ちでいっぱいです。学科全体でも、熱心かつ気さくな先生が多く、心強かったです。

やさしい先輩や同僚にかこまれた働きやすい環境です。

坂田 理穂さん

済生会新潟第二病院 生理機能検査室 勤務/医療技術学部 臨床技術学科/2018年卒/新潟県長岡市出身。当面の目標は超音波検査師の認定資格を取得すること。理想とする臨床検査技師は「患者様をリラックスさせられる柔らかさと、検査の精度の高さをあわせ持った検査技師です」とのこと。趣味は美味しいコーヒーを探すことと、動画配信サービスで海外ドラマを観ること。様々なコーヒー器具を買い集めているそうで、「自分で淹れるのがとても楽しいです!」。大学時代の友人とは今でも頻繁に会うという坂田さん。「一緒に頑張った友だちは一生の宝です」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

新潟医療福祉大学(私立大学/新潟)