• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 青森
  • 弘前医療福祉大学短期大学部
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 藤田 理貴さん(救急救命学科/消防士)

消防士として、地域住民の命を繋ぐ役割を果たします

先輩の仕事紹介

地域に貢献でき、子供たちに夢をあたえられる。これが消防士の大きなやりがいです

消防士
救急救命学科/2018年卒
藤田 理貴さん

この仕事の魅力・やりがい

消防士として消防車や救急車に乗り、消火活動や急病人の搬送を行うなど、3市3町2村からなる事務組合管内の災害対応や急病人の搬送を24時間365日行っています。自分が生まれ育った地域のために直接貢献できることにやりがいを感じています。嬉しかったことは子供たちが私たちの活動を見て、消防士になりたいと言ってくれた時です。将来の夢のきっかけになれる嬉しさと、そんな仕事をすることができていることに幸せを感じます。

分野選びの視点・アドバイス

現状に満足して向上心を失うと、救える命も救えなくなってしまうと考えています。私は救急救命士として、日々変化する医療に常にアンテナを張り、自分の知識を深めるようにしています。また、地域で開催される研修へ参加したり、上司から助言をいただいて理解を深めるように努めています。より多くの経験を重ねて、いつか若い職員に指導をできる救急救命士になりたいですね。

速やかに防火衣とヘルメットを着用し出動します

学校で学んだこと・学生時代

同級生はとても勉強熱心で個性豊かな人が多く刺激的な毎日でした。自分が国家試験に合格できたのも最高の同級生たちがいてくれたおかげです!とにかく1つ1つの授業をしっかりと聴くことが大切です。また知識豊富な先生方と積極的にコミュニケーションをとるといいと思います。私も分からなくなったら先生方にすぐ聞きにいくようにしていました。授業の内容をより深い部分まで先生方から聞くことができ、少しひねった問題にも柔軟に対応できるようになりました。授業の内容は実際の救急活動現場と重なる部分も多くあり、今現在も活かすことができています。

先輩隊員を見習って、早く一人前になりたいです

藤田 理貴さん

弘前地区消防事務組合/救急救命学科/2018年卒/中学生の頃、災害現場で活動する消防士をテレビ画面越しに見た時から憧れを持つように。同じ夢をめざす仲間たちと切磋琢磨しながら国家資格をクリア。晴れて念願の消防士として、弘前地区消防事務組合へ配属されることとなった。自分が生まれ育った地域と子供たちのため、今日も訓練や知識を深める努力を欠かさない。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

弘前医療福祉大学短期大学部(私立短期大学/青森)