• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 名古屋学芸大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 下里 和哉さん(管理栄養学部 管理栄養学科/栄養士)

私立大学/愛知

ナゴヤガクゲイダイガク

がん患者さんを含め、あらゆる人の健康に役立ちたい。

先輩の仕事紹介

がんと闘う患者さんのために。食べる楽しみと、病気に打ち勝つ栄養を届けたい。

栄養士
管理栄養学部 管理栄養学科/2014年3月卒(同大学院修士課程 2016年3月修了)
下里 和哉さん

この仕事の魅力・やりがい

がん専門病院の栄養士として、献立作成や栄養指導を担当しています。がん患者さんにとって最大の問題は、体重の減少。病状や手術、治療の影響で、食事が苦痛になることもあるため、ここでは食事を制限するのではなく、奨励するのが基本姿勢です。例えば、味覚が鈍った患者さんには敢えて濃いめの味付けにしますし、月1回の行事食では、手間はかかりますが季節感を味わえる献立や盛り付けにこだわります。模範的な理論にとらわれ過ぎず、目の前の患者さんの人生を長期的に見通し、今必要な対応を考え、支えていく。その結果、検査の数値が改善したり、元気になった患者さんの笑顔を見られることが、何よりの励みです。

学校で学んだこと・学生時代

大学では、管理栄養士に必要な幅広い知識を学びました。病気と栄養の関係を学ぶ「臨床栄養学」、献立作成や調理法を学ぶ「給食管理」、「栄養カウンセリング演習」など、多くの授業が今の業務に直結しています。また、私は栄養教諭の免許も取得したのですが、子どもたちに栄養の知識を分かりやすく伝える技術を養う「栄養教育論」や「栄養教育実習」では、相手の未来を考えてかかわる大切さを学びました。課外活動では、学食や、学外の施設、イベントで食事を提供するサークルの部長を務めたほか、学外のカウンセリング学会に参加して知識を深めるなど、実社会で活かせる食と栄養の実践的な知識とスキルを養うことができました。

栄養指導は和やかに。食べてもらうことが一番の目標。

この分野・仕事を選んだきっかけ

以前は栄養教諭をめざしていました。しかし、食と栄養の知識はすべての人に必要なもの。子どもたちだけでなく、自分の専門スキルをもっとたくさんの人々に役立てたいと思うようになり、県の職員になろうと決めました。県職員としての栄養士は、病院のほか、保健所、学校、県庁などで仕事ができ、例えば理論に基づく栄養指導、統計処理や分析、県の健康事業の策定・運営など、幅広い業務を担えます。今、勤務しているがん専門病院での業務は、その第一歩。今後もさまざまな場で経験を積み、全県民の健康に多面的に貢献できる、食と栄養のスペシャリストをめざしたいと思っています。

名前や内容、盛り付けなど配膳前のチェックは入念に。

下里 和哉さん

愛知県がんセンター中央病院勤務/管理栄養学部 管理栄養学科/2014年3月卒(同大学院修士課程 2016年3月修了)/中3の時、下里さんの祖母が誤嚥性肺炎を患ったのをきっかけに、食事と病気の関係に興味を持ち、管理栄養士をめざした。大学では特に栄養カウンセリングに興味を持ち、大学院では、人間の行動の法則性を探る「行動科学理論」を研究した。学生時代に培った知識は現在、栄養指導の業務にも大いに活かされ、一人ひとりの患者さんの食べる意欲や、生きる気力を引き出し続けている。将来的には再度大学院に通って博士号を取得し、県民のさらなる健康増進に貢献するのが目標。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

名古屋学芸大学(私立大学/愛知)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路