• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 田園調布学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 本田 奈美さん(人間福祉学部 心理福祉学科/特別支援学校教諭)

私立大学/神奈川

デンエンチョウフガクエンダイガク

先輩の仕事紹介

さまざまな支援の在り方を実感。子どもたちに合ったサポートをしていきたい

特別支援学校教諭
人間福祉学部 心理福祉学科卒/2018年卒
本田 奈美さん

この仕事の魅力・やりがい

特別支援学校で教員を務めています。この仕事の魅力は、障がいのある子ども一人ひとりと向き合い、子どもたちの可能性を引き出し、その成長を一緒に喜びながら自分自身も成長できることだと思います。一人ひとり個性があり、また、障がい特性も異なるので、それぞれに合った対応ができるよう常に気を配るなど心がけています。保護者と離れることで、不安そうにしている児童が、クラスのみんなと過ごすうちに笑顔になるのを見ると、とてもうれしくやりがいを感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

もともと人が好きで、将来は、直接人と関わる福祉や教育の仕事をしたいと思っていました。特別支援学校の教員免許を取得するため田園調布学園大学に入学。高校生の頃、進路に迷っていたのですが、特別支援学校のボランティア活動に参加して、障がいのある子どもたちと触れ合った時に、先生方や子どもたちが、とても楽しそうに過ごしていました。笑顔がいっぱいの温かい場所だな。自分もこんな先生になりたい、と思ったことが、特別支援学校の教員への道を選んだきっかけです。

学校で学んだこと・学生時代

特別支援学校の教員になるための勉強や実習のほかに、福祉や心理も学びました。福祉にも興味があった私にはどちらも学ぶことができ、この大学に入ってよかったなと思います。福祉の実習では、軽度の知的障がいのある生徒が職業訓練をメインに学ぶ高等特別支援学校で、美術の授業を担当しました。自ら提案したパステルアートが生徒たちに大好評で、太陽や空、大地を楽しそうに描く姿にうれしくなり、先生になりたいという意志が一層強まりました。学生時代は、週2回の手話サークルやアルバイト、ボランティア活動、友人と遊ぶなど、とても有意義な4年間を過ごすことができました。

週2回の手話サークル。有意義な時間でした

本田 奈美さん

教育業界勤務/人間福祉学部 心理福祉学科卒/2018年卒/「人が好き。人と話すのが好き。人の役に立ちたい。」と言う本田さん。人の役に立つ仕事がしたいと悩んだ結果、高校生の頃から続けるボランティア活動で出会った特別支援学校の教諭になることを決意。田園調布学園大学では教諭になるための勉強のほか、福祉や心理についても学んだそう。将来は「子どもたちと真摯に向き合い、温かい雰囲気を作れる先生になりたい」と語ってくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

田園調布学園大学(私立大学/神奈川)