• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福井
  • 大原スポーツ医療保育福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 栄 捺希さん(保育士・幼稚園教諭系コース/保育士)

福井県認可/専修学校/福井

オオハラスポーツイリョウホイクフクシセンモンガッコウ

子どもたちと接する毎日に喜びがあふれています

先輩の仕事紹介

「なわとびができた」「粘り強くなった」。子どもたちの成長する姿を感じる仕事です。

保育士
保育士+幼稚園教諭Wライセンス スタンダードクラス こども遊び専攻コース/2016年卒
栄 捺希さん

この仕事の魅力・やりがい

私は保育士として年中組(4~5歳児)の担任をしています。1年前は年少組(3~4歳児)の担任だったので、クラスの子どもたちとは2年間、身近で接していることになります。保育士の毎日には、子どもたちと一緒に遊ぶのはもちろん、絵本を読んだり、行事の準備をしたりするなど、いろいろな仕事があります。時間に追われ、大変さを感じることもありますが、保育士になって本当によかったと感じています。それは大好きな子どもたちの成長に触れられるからです。なわとびが飛べるようになったり、すぐにあきらめていた子が粘り強い頑張り屋さんになったり、何気ない毎日の仕事の中で、子どもたちから本当にたくさんの笑顔をもらっています。

学校で学んだこと・学生時代

昔から弟や近所の小さな子どもと遊ぶのが好きで、小学生の時から保育士になりたいと思っていました。その夢を実現するために大原スポーツ医療保育福祉専門学校に進学しました。大原の魅力の一つが3年間かけてじっくり学ぶカリキュラムです。資格を目指すだけでなく、少人数制教育で技術を磨いたり、学外実習で現場に触れたりするなど、さまざまな経験ができました。学校の先生のすすめもあって、保育所や幼稚園でのボランティアにも参加しました。それぞれの園でさまざまな方針や保育の方法があることが分かり、その時に現場で感じたものがいま役立つことも多いですよ。それに同じ道を目指す友達が大原でたくさんできたことも心強かったですね。

連絡帳で保育時の様子を保護者の方に伝えます

これからかなえたい夢・目標

保育士になって2年がたち、年間スケジュールなども頭に入り、仕事の進め方も分かってきました。「私よりも経験が豊富だから」と最初は保護者の方と接する際もどこか消極的なところがありましたが、今は「園での様子もしっかり伝えなければ」と進んでコミュニケーションをとるようになりました。ただ、仕事に慣れたとはいえ、まだまだ学ぶことはたくさんあります。先輩の先生を見ていると、手遊び一つとってもバリエーションが豊富で、もっと成長していかなければと感じています。もっともっと保育士としてたくさんの引き出しを持ちたいと思います。そして、子どもたち一人ひとりに合ったサポートができる保育士を目指していきます。

保育士として一歩ずつステップアップ中

栄 捺希さん

社会福祉法人どろっぷす あさひ保育所/保育士+幼稚園教諭Wライセンス スタンダードクラス こども遊び専攻コース/2016年卒/福井県越前町出身。丹生高校卒業後、大原スポーツ医療保育福祉専門学校に進学。同校の「保育士+幼稚園教諭Wライセンス スタンダードクラス こども遊び専攻コース」で学び、卒業後は地元のあさひ保育所に勤務。年中(4~5歳児)組の担任として、子どもたちの成長をサポートしている。「学生時代のクラスメイトとは今でもよく連絡を取り合います。保育士や幼稚園の先生として働く友達の存在は、働き始めた今も大きな支えになっています」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大原スポーツ医療保育福祉専門学校(専修学校/福井)