• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 大原法律公務員専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 熊谷 朱里さん(法律行政2年制学科/国家公務員)

先輩の仕事紹介

生活に関わる法律業務は難しいけど、人の役に立てると実感する機会も多い仕事です

国家公務員
法律行政2年制学科 国家公務員・地方上級コース(2年制) 卒/2021年卒
熊谷 朱里さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

現在は不動産登記に関する受付や記入等のほか、電話応対などを行っています。法務局の業務は多岐にわたりますが、どれも国民生活に密接に関わる大切な仕事であることに魅力を感じます。また、窓口業務をしていると市民の方と接することも多いので、役に立てていると実感できます。市民の方と接するということは、どのような質問にも的確な対応が求められるため、担当業務だけではなく周辺業務の知識習得も欠かせません。分からないことや上手くできなかった業務をミスなくこなせたときは、「成長できた!」と嬉しい気持ちになります。職場の先輩方のご指導の下、できる業務の幅をもっと広げていきたいと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

公務員を目指すことは決めていましたので、インターネットで専門学校を調べたところ、大原の国家(大卒程度)・地方上中級等の合格実績の高さが目に留まりました。公務員試験に向けた学習のボリュームはとても幅広く、難易度の高いイメージがありましたが、無理なくステップアップできるカリキュラムでしたので、手応えを感じながら力をつけられました。先生の指導も的確で、前向きな友人もまわりにたくさんいたので刺激があり、充実した環境で日々成長できたと思います。在学中にさまざまな業務説明会に参加できるのも魅力でした。法務局の職場見学をして「やってみたい」と感じたことで、勉強にもより一層取り組むことができました。

わかりやすい説明を心がけて対応しています

学校で学んだこと・学生時代

2年間という短い期間で、大卒程度の公務員試験に合格するためには、それ相応の努力と知識を身につけることが必要です。わからない問題があった時は同じ目標を持った仲間と教え合ったり、励まし合ったりすることができました。また、先生方も常にモチベーションを上げてくれるので、本当にありがたかったです。試験対策も万全で、オリジナル問題集や過去問題などの教材はとても有効でした。面接練習は的確なアドバイスをしてもらい、しっかり答えられるように自己分析をしたことは自分自身を見つめ直す機会にもなりました。このほか民法など法律の知識をはじめ、ビジネスマナーを学べたことも仕事に役立っています。

同じ仲間と共に、成長を感じられることが楽しい!

熊谷 朱里さん

札幌法務局滝川支局勤務/法律行政2年制学科 国家公務員・地方上級コース(2年制) 卒/2021年卒/難関をくぐり抜けて公務員となった熊谷さん。入局前に法務局の仕事をおもしろそうと感じたようだが、実際に働いた感想を聞くと「難しいことや勉強しないといけないことがたくさんあります。でもそれを乗り越えて自分の成長を感じられるときは楽しく、うれしいです」と笑顔で話してくれた。公務員試験を目指す人には「過去問を何度も解くことで自信がつきます。覚えるというより、問題を解いて身につけていくという感じかもしれません。それによって気持ちにも余裕を持って試験に挑めますよ。応援しています!」とメッセージをくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大原法律公務員専門学校(専修学校/北海道)
RECRUIT