• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 豊橋調理製菓専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 南山 竜一さん(製菓衛生師本科/洋菓子製造・接客)

「この店の味が知りたい!」と感じて就職を決めました

先輩の仕事紹介

自分の作ったお菓子が、お客様の”忘れられない記憶”として残っていくことが嬉しい!

洋菓子製造・接客
製菓衛生師本科/2018
南山 竜一さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

洋菓子店において、生菓子・焼き菓子の製造・包装・販売をしています。この仕事の魅力は、自分が作ったもので、「人の記憶に残ることができる」、「人を幸せにできる」ところだと感じています。多くの方の笑顔に触れられるのは何よりのやりがいになっています。また、繁忙期となるクリスマスなどのイベント時期に、目まぐるしく無くなっていくケーキを常に補充し続け、閉店を迎えた時は強い達成感を感じます。イベント後のこの達成感は、他では経験できないものではないかなと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学校3年生の時の学校で催された、お楽しみ会がこの仕事を目指し始めたきっかけでした。その日が誕生日だった担任の先生に、誕生日ケーキを班で作ってプレゼントをしたら、先生がすごく喜んでくれました。さらにその数年後に、その先生から頂いた年賀状に「あの時のケーキ今でも覚えてるよ。嬉しかったありがとう。」と書かれていて、自分の作ったものが人を笑顔にして、いつまでも幸せな思い出として残るということに素晴らしさを感じて、「ケーキ屋さんになりたい!」と強く感じました。

日々洋菓子作りに奮闘しています!

分野選びの視点・アドバイス

たとえ美味しいケーキを作っても、お客様が買ってくれなければお店は成り立ちません。私は、製菓技術ももちろんですが、「接客」も大切にしています。一度ご来店頂いたお客様に「また来たい!」と思ってもらえる様な接客ができていれば、必ず次につながると考えているので、マスク越しでもわかる様に笑顔で接客することを心掛けています。笑顔だけでなく、自分からお客様に積極的に声かけをしたり、日常的な会話を挟むことで場を和ませたりすることも大切です。学生のうちからコミュニケーション力を養っておくといいかもしれません。

笑顔を意識して接客にも取り組んでいます。

学校で学んだこと・学生時代

学校生活の実習を始めとする様々な授業は、楽しみながらやることは大前提として、わからないことがあったら必ずわからないままで終わらせずに質問する姿勢が大切です。またコンテストなどにも積極的に参加してみてください。基本的に「やらないより、やってみる!」というスタンスが学生生活を有意義なものにすると思います。仮に失敗したとしても、やらなくて動かない人よりも絶対に成長につながるはずです!「質問すること」と「積極的な姿勢」これは今、自分自身がお店で働く中でも特に大事にしています。

毎日が勉強!いろいろな技術を教えて頂いています。

南山 竜一さん

patisserie kogawa/製菓衛生師本科/2018

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
豊橋調理製菓専門学校(専修学校/愛知)
RECRUIT