• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 千葉科学大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 栗田 瑞希さん(危機管理学部 動物危機管理学科/動物看護師)

私立大学/千葉

チバカガクダイガク

短い命を充実して生きてほしい。その手助けをします

先輩の仕事紹介

実験用動物は私たちの命を支える存在。動物たちに感謝し、ケアをしています

動物看護師
危機管理学部 動物危機管理学科/2016年3月卒
栗田 瑞希さん

この仕事の魅力・やりがい

自治医科大学 先端医療技術開発センターでは、実験用動物を使った医療技術の研究開発や、医学教育の支援をしています。新たな医療機器や手術方法の開発のために、まずは動物で実験・検証するんです。そのなかで私の担当は、実験用ブタの飼育管理ならびに周術期管理などの研究補助業務。周術期とは手術前、手術中、手術後の3つの段階のことで、そのすべてで動物と医師のサポートをします。動物での実験が成功すれば、次はそれが人に活用され、多くの人の命が救われます。実験用動物の運命は、科学の進歩、そして人類の発展のために捧げられますが、そのかけがえのない命こそが私たちを支えてくれていることに感謝しながら、動物と接しています。

学校で学んだこと・学生時代

もともと薬学に興味がありました。また動物をたくさん飼っていたこともあって、動物のことも学びたい希望しました。そこで選んだのが、千葉科学大学。薬学部・危機管理学部・看護学部の3学部で連携して学べるところに惹かれたんです。動物についての専門的な学習では、実験動物学の授業がとても楽しかったです。小動物を使って、採血の仕方、麻酔のかけ方、検査の仕方などが勉強でき、現在の仕事にまさに直結しています。また、先生との距離が近く、家族のように接してくれたのも嬉しかったです。現在勤務している自治医科大学へのインターンシップを紹介してくれたのも先生。私の適性をしっかり見ていただき、最適な道に導いてくださいました。

リスク管理が自然とできるのも、危機管理を学んだから

これからかなえたい夢・目標

実験用動物はかなりの負担を強いられて生きていくもの。私がこの仕事を選んだ理由は、そんな動物たちのケアをしたいと思ったからです。ストレスなく、安心して生きていくための手助けがしたかったんです。新しい医療機器や手術方法が開発され、たくさんの人の命が救われているのは、実験用動物たちがいるから。だからこそ、そんな彼らが私たちの命を支えてくれているということを、もっと多くの人に知ってほしいと思います。そして、実験用動物たちに日々感謝し、ケアをしている私たちの存在も知ってほしいと思います。そのために、私自身がさらなる経験を積み、現場で見たこと、感じたことを伝えていけるような人になりたいと思います。

オペナースとして、手術中の麻酔の管理もします

栗田 瑞希さん

自治医科大学 先端医療技術開発センター勤務/危機管理学部 動物危機管理学科/2016年3月卒/千葉科学大学では動物についてはもちろん、危機管理についてもしっかり学べたと語る栗田さん。「手術では、感染症の予防など、さまざまなリスク回避の操作が求められます。大学で危機管理を学んだことで、つねにリスクを考え、それを防ぐための知識や技術、そして心構えを身につけることができました」。また、授業ではグループディスカッションやプレゼンテーションをする機会も多く、そこで身につけた積極的な行動力が、就職活動の際にも大いに役立ったと語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

千葉科学大学(私立大学/千葉)