• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪青山大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 野口 勇将さん(健康科学部 子ども教育学科/小学校教諭)

私立大学/大阪・兵庫

オオサカアオヤマダイガク

子どもたちの成長を日々実感できるのが嬉しいですね!

先輩の仕事紹介

私の教えが成績や行動、人の人生にも影響する。やりがいも責任も大きな仕事です!

小学校教諭
健康科学部 健康こども学科(現 子ども教育学科)/2015年3月卒
野口 勇将さん

この仕事の魅力・やりがい

大阪青山を卒業した春に、大阪府内の小学校へ着任。小学4年生のクラス担任となり、授業と学級運営に取り組みました。翌年には繰り上がりで5年生のクラス担任を務めました。はじめは慌ただしい毎日でしたが、気持ちを込めて教えた分だけ児童が積極的に授業へ臨むようになり、信頼関係も深まってきた実感があります。クラス内のもめごとも少なくありませんが、指導を重ねるうちに子どもたち自身が気をつけはじめ、自分たちで解決しようとする姿勢が見られるように。こうしたダイレクトな反応が小学校教諭という仕事の醍醐味であると感じています。大学の学びを振り返ると、ゼミや各教科の模擬授業など実践的な学びが今も役に立っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

先生になろうと思った理由は私自身が小・中・高を通じて素晴らしい先生に巡りあえたから。人の人生に関わる魅力的な仕事だと思いました。大学での初めての実習は幼稚園で。遊びの意味や目的などを体験的に学ぶことができました。その後保育所、小学校でも実習を行い、最もやりがいを感じたのが小学校でした。6年間という長い期間、子どもたちと深く関われることに魅力を感じました。児童は素直なので私の影響力は大きく、教えたことすべてが成績や行動など目に見える形で現れます。それだけに先生の仕事は責任があり、やりがいがあるものだと思います。保護者の方から「ウチの子も楽しく学校に通っています」と言葉を頂戴した時も嬉しいですね。

子どもたちの素直な反応に、私が教えられることも

学校で学んだこと・学生時代

大阪青山は担任制なので、クラスの仲間はもちろん先輩・後輩との関わりも深いのが魅力。担任の先生にも気軽に相談でき、卒業生との交流も活発です。ピアノについても、大阪青山なら心配無用。私は大学で初めてレッスンを受けたのですが、4人1組のグループに1人の先生がつくので着実に上達できました。資格取得に向けての対策講座も充実しており、おかげで小学校教諭1種免許状・幼稚園教諭1種免許状・保育士資格のすべてを取得。教員採用試験対策講座では面接や小論文対策に力を入れ、見事合格できました。現在の夢は、子どもたちを「勉強ができるだけでなく人の気持ちを考え、人のために行動できる人間的な魅力を持つ人物」に育てることです。

在学中は、オープンキャンパスのスタッフとしても活躍

野口 勇将さん

大阪府内小学校勤務/健康科学部 健康こども学科(現 子ども教育学科)/2015年3月卒/在学中に児童養護施設のボランティアに参加。いろいろな子どもと関わることで人間教育の面でも大いに学ぶことができ、その学びをもとに卒業論文を執筆する。オープンキャンパスにもスタッフとして参加し、コミュニケーション力やプレゼンテーション力を向上させる経験に。「大学では保護者対応についても丁寧に教わりました。相手の話を一度受け止めてから自分の考えを話すなど、元小学校教諭の先生による体験談が役立っています。児童とは長くても6年間の付き合いですが、卒業後も『今こうして頑張ってるよ!』と教えてくれる関係になれれば最高ですね」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪青山大学(私立大学/大阪・兵庫)