• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 了徳寺大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐藤 太泰さん(健康科学部 理学療法学科/理学療法士)

患者様から信頼してもらうことがリハビリの第一歩です

先輩の仕事紹介

人の身体を預かる大切な仕事。「学び続ける姿勢」が大切です

理学療法士
健康科学部 理学療法学科/2021年卒
佐藤 太泰さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

整形外科には、スポーツなどでケガをした子供から、膝や腰に痛みが出た老齢の方まで、幅広い年齢層の患者様がいらっしゃいます。患者様にとってリハビリは初めての経験で、「治らなかったらどうしよう」と不安を抱えている方も多いので、しっかりコミュニケーションをとって、「この人の話なら信頼できる」と思っていただけるよう心がけています。痛みの原因を評価し、患者様に説明したうえで、院内やご自宅でのトレーニング、ストレッチなどを重ね、症状が改善した患者様から感謝をしていただけることがやりがいに繋がります。同じ「変形性膝関節症」の診断名でも、患者様によって原因は異なります。患者様を通じて疾患の知識が広がっています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校までサッカーに打ち込んでいました。私自身がケガをした時にトレーナーの方にお世話になったのが、リハビリ職に興味を持つきっかけになったと思います。進路を考えるタイミングになり、このままサッカーを続けるのは難しいと思った時、親族に理学療法士が多かったこともあり、親から「理学療法士も、人の役に立つ素晴らしい職業だよ」とアドバイスを受けました。四年制大学で幅広い内容を学びたいと考え始めた頃、兄がちょうど了徳寺大学の理学療法学科に通っており、毎日充実した生活を送っている姿を見ていたこと、兄からもとても良い環境だと勧められたことが決め手になり、了徳寺大学に進学しました。

自分の施術で患者様の状態が改善すると嬉しいです

学校で学んだこと・学生時代

小中高とサッカー漬けで、恥ずかしながらあまり勉強をしてこなかったので、大学に入ってからの勉強は大変でした。その時に支えになったのは、同じ理学療法士を志す友人たちの存在でした。同じ目標を持っているから悩みも共感しやすいし、遅くまで学校に残っての勉強も楽しみながら学びました。でも勉強漬けだったわけではなく、勉強する時は勉強して、遊ぶ時は遊んで、休む時は休んでと、オン・オフを切り替えるようにしたので、勉強を継続することができました。理学療法士を含めて医療従事者は、人の身体を扱う責任がある分、社会に出てからも学び続けなければいけない職業ですから、もちろん今でも学び続けています。

先生からも医療職のあるべき姿勢を教えてもらいました

【関わる人の「ありがとう」】を大事にする先輩のインタビュー動画をチェック!

 

佐藤 太泰さん

千葉こどもとおとなの整形外科/健康科学部 理学療法学科/2021年卒/祖父、叔父、叔母そして兄も同業という理学療法士一家。「学び続けることが大切ですが、やっぱり自分の興味をもった分野でないと、勉強を続けることはできません。一番大切なことは、興味が持てる分野を選ぶことだと思います」と、社会人としての姿勢を語る。将来はサッカーを中心としたスポーツのケガを治すことに強い理学療法士を目標としている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

了徳寺大学(私立大学/千葉)
RECRUIT