• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 長崎
  • 長崎医療こども専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 浦川 千紗都さん(医療ビジネス科/医療事務)

医療事務を通して患者さんを支えていきたいです

先輩の仕事紹介

患者さんの不安を和らげるため、思いやりのあるサポートを心がけています

医療事務
医療ビジネス科/2019年卒
浦川 千紗都さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

重工記念長崎病院で「窓口受付」や「診療報酬(レセプト)の請求」、「その他個人業務」を行っています。医療事務は患者さんが最初に出会い最後に関わる病院の顔なので、安心してかかれる病院という印象をもってもらうためにも、丁寧なコミュニケーションを心がけています。さらに受付業務・会計業務・電話対応など1人だけではできない仕事です。そのためスタッフ同士のチームプレーも大切にしています。やりがいを感じるのは、患者さんと話していて「親切にありがとう」と言われる時や、逆に自分自身が勇気づけられる時。患者さんに安心してもらえるよう、医療従事者として人の為に尽くしたいと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学生の時から漠然と医療に携わる仕事につきたいと考えていました。高校生の時に進路研究の授業で「医療事務」という職種を知り、仕事内容に興味ををもったことがきっかけです。事務的な業務やパソコン操作が好きだったこともあり、この道に進むことを決意しました。学校では医学知識全般を勉強できたことはもちろんのこと、医療機関での実務実習もあり、実際の仕事を経験できたことは貴重な経験となりました。もともと病院への就職を希望しており、検討した複数の病院求人の中で福利厚生が充実していたこともあり重工記念長崎病院に就職を決めました。就職したての頃は、職場に1つ上の学校の卒業生もいてとても心強かったことを覚えています。

専門学校で学んだ資格や知識を活かして働いています

学校で学んだこと・学生時代

医療ビジネス科は2年課程なのでより深く学べ、沢山の資格を取得することができます。私も専門的な知識を学ぶだけでなく、資格取得にも励みました。その中でも特に力を入れたのは、医療事務の試験の中で最高峰と言われている「診療報酬請求事務能力認定試験」です。1年次に受験しましたが残念ながら合格することができず、2年次に再挑戦し見事合格することができました。窓口や電話対応で必要な接遇マナーに加え、診療報酬の請求業務で役立つ資格を取得できたことは大きな財産です。就職活動時期には先生方に適切なアドバイスやサポートをしていただいたおかげで希望する病院に就職することができ、今の私があると感謝しています。

女性の職員が多く働きやすい環境も医療事務の魅力です

浦川 千紗都さん

医療法人重工記念長崎病院/医療ビジネス科/2019年卒/高校生の時に「医療事務」という職を知り、長崎医療こども専門学校 医療ビジネス科へ入学。その後、医療事務の試験の中でも最高峰と言われる「診療報酬請求事務能力検定試験」をはじめ、様々な資格を取得する。卒業後は、希望していた医療法人重工記念長崎病院に就職。「まだまだ学ぶことは多く、専門的な知識をさらに身につけ幅広く業務ができるようになりたい」と考え、日々勉強をしながら仕事をする頑張り屋さん。目標は先輩や後輩からも頼られるような人になりたいとのこと。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
長崎医療こども専門学校(専修学校/長崎)
RECRUIT