• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 札幌マンガ・アニメ&声優専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 木戸朋生さん(マンガデザイン学科 マンガ専攻/漫画家)

北海道認可/専修学校/北海道

サッポロマンガ・アニメアンドセイユウセンモンガッコウ

旧校名 専門学校 札幌マンガ・アニメ学院 2019年4月名称変更

もっとたくさんの人に自分の作品を読んでほしいです!

先輩の仕事紹介

空想した世界を、自分の絵や言葉で表現できることが漫画の醍醐味です

漫画家
マンガデザイン学科 マンガ専攻/2009年3月卒
木戸朋生さん

この仕事の魅力・やりがい

幼少の頃から絵を描くのが好きだったことに加え、小学校高学年ころには映画と漫画に夢中になり、いろんなジャンルの作品を観るようになりました。あるとき、映画は監督・脚本・キャスティングは基本的に分業ですが、漫画ならそれらを全部自分で考えることができ、さらに空想した世界を自分の絵で可視化できると思ったんです。そのことに気付き、「これだ!」と思って漫画家の道を選びました。漫画に取り組むことで自分の思ったことを好きに表現できて、それが作品になり、念願のプロデビューを果たせたことはとても嬉しいです。また、自分の作品を面白いと読者の方に思ってもらえること、認めていただけることが、次回作への意欲に繋がります。

学校で学んだこと・学生時代

デッサンが好きでしたので、在学中は美術の授業が楽しかったですね。毎回、クラスの生徒が2人ずつ前に出て好きなポーズをとり、それを30秒以内でデッサンするということを繰り返し行っていました。回を追うごとにポーズも複雑化していくのですが、そうした積み重ねによって、ものごとの形を瞬時に捉えて描くという力が養われたと思います。また、東京の出版社などに作品の持ち込みもしていましたが、その前に自分が描いたものを先生がしっかり見てくれました。ストーリーに対する客観的かつ的確なアドバイスをいただけたことや、自分の作風に合う雑誌などを教えていただけたことが、作品のクオリティを高め、デビューに繋がったのだと思います。

ネームをもとに、専用の原稿用紙に下書きをします

分野選びの視点・アドバイス

この道を志すなら、いろんなことに興味を持ってほしいですね。自分は何が好きか、何に感動するかを見つけるためにも、部活やバイト、旅行、読書、何でもいいので、とにかく挑戦してみることです。経験することで物語を生み出すことや作品のアイデアにも繋がりますし、その中からしか生まれないものも多いと思います。また、映画を観る際に、セリフをメモして表現方法を学ぶのもいいですね。さまざまなシーンを静止画にしてデッサンすることで、アングルの切り取り方や、見せ方の幅も広がりますよ。後は、とにかくたくさん作品を描いて、先生たちからアドバイスをいただいたり、賞に投稿することで、自分の今の実力が分かるはずです。

デビュー作の「ZZZのZ~ねむりちゃんとおやすみ~」

木戸朋生さん

漫画家/マンガデザイン学科 マンガ専攻/2009年3月卒/小学生の頃から、自分の思い描いた世界を漫画で表現したいと漠然と思い続け、高校卒業後は専門学校に入学。そこで、同じ漫画家を目指す同級生たちに強い刺激を受け、本格的に作品の制作に取り組むようになる。在学中に東京の出版社に持ち込んだ作品が評価され、編集担当が付くように。その後、賞レースで大賞を受賞し、2016年に遂にプロデビューを果たす。現在は連載の原作を行うとともに、次回作への制作に取り組んでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
札幌マンガ・アニメ&声優専門学校(専修学校/北海道)