• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 青森
  • 弘前医療福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 田中 早紀さん(保健学部 医療技術学科作業療法学専攻/作業療法士)

「つまむ」「にぎる」など、手先の細かい動きを訓練

先輩の仕事紹介

人の役に立ちたいと思ったのが原点。患者様の笑顔を見た時にやりがいを感じます

作業療法士
保健学部医療技術学科作業療法学専攻/2019年卒
田中 早紀さん

この仕事の魅力・やりがい

作業療法士として病気や怪我をした方が元の生活に戻れるよう機能回復を図ったり、生活動作練習を行ったり、必要な場合は他職種と連携して環境設定を行っています。患者様それぞれの性格やその時の心理面を意識しながら接し、元の生活の背景や環境も考えながら関わるようにしています。実際に患者様の機能が回復してきた時や退院する際に笑顔で「ありがとう」と言っていただいた際には、悩んだり大変だったことも吹き飛んでやりがいを感じています。

分野選びの視点・アドバイス

作業療法士は身体機能だけではなく、その人の生活背景や環境など総合的に考えることも必要で、その時々の心理面に合わせた関わり方も必要です。常に全体をよく見て対応できる人物が求められると思います。現場では多くの職種の方と関わっていく仕事なので、職員間での情報交換はもちろん重要です。なにより大切なのは患者様との信頼関係を作ることです。また、本人の性格などもしっかり把握することが大切で、日々のコミュニケーションは欠かせません。

患者さんの症状や経過など、職員間での情報共有も大切

学校で学んだこと・学生時代

教員との距離が近く、講義での疑問点などすぐに聞きやすい環境にありました。基本的なところから親身になって教えていただけるため、基礎固めをしっかり行うことを心がけていました。特に臨床実習では様々な考え方と治療経験、得た知識は全て役に立っています。先生方の研究室にいくと、何気ない普段のことを話したりと優しく接してくれたことが記憶に残っています。1年生で習う基礎学習が重要であるため、時間のある1年生のうちに徹底的に復習し、基礎を固めることが大切です。

退院後の日常生活を想定してのリハビリテーション

田中 早紀さん

つがる西北五広域連合つがる総合病院/保健学部医療技術学科作業療法学専攻/2019年卒/小学生の頃から医療職に就きたいと思っており、作業療法士になりたいと明確に思ったのは高校3年生の頃。「もともと身体が弱く、病院に通っていました。そのこともあり幼い頃から人の役に立てる医療職に就きたいと感じていました」。患者様の回復に直接かかわり、機能面だけでなく精神面でのサポートなども行っていく作業療法士として日々成長している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

弘前医療福祉大学(私立大学/青森)