• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京医療専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 石塚 雅章さん(柔道整復科/柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウイリョウセンモンガッコウ

スペイン留学中は一般の患者さん向けの施術院も開き、経験を深めたことが自分の成長につながっています

先輩の仕事紹介

スペイン留学時のトレーナー経験を活かし、ケガで挫折するスポーツ選手を減らしたい

柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
柔道整復科/2014年卒 / 鍼灸マッサージ科 / 2017卒
石塚 雅章さん

この仕事の魅力・やりがい

千葉県の北小金で柔整・鍼灸の施術院を開業。骨折や脱臼、捻挫(ねんざ)などケガの処置や腰痛や肩こり、頭痛などで悩む方への施術を行うかたわら、週末はフットサルチームでトレーナー活動をしています。この仕事の魅力は一人ひとりにしっかり向き合い、自分の手で人助けができること。「ありがとう」と笑顔で感謝される時には、やりがいを感じると同時に、もっと知識や技術を高めなくてはと気持ちが引き締まります。そのためケガをした選手がより早く復帰できるようにドクターとの連携を強め、エコーの見方や理学療法も学んでいます。今後は鍼灸師としてもっと内科的疾患に対応できるようになり、東洋医学の良さを広めていきたいですね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学1年生からサッカーを始め高校まで打ち込みました。中学時代に膝をケガした時お世話になった鍼灸整骨院の先生に憧れ、サッカーチームのトレーナーになるという目標ができました。高校はサッカーの強豪校に進学。高3の時ケガで大会に出られず悔しかったことが、ケガで挫折する選手を減らしたいという思いにつながっています。東京医療専門学校在学中にスペイン留学の道を紹介され、卒業後に出発。プロのサッカーチームに帯同し、毎日練習前のテーピングやケガの処置を担当。練習後には鍼灸を使って選手のケアをし、とても喜ばれました。肩を脱臼した選手の処置をしたことも。最終的にはチームトレーナーからすべてを任されるようになりました。

チームのみんなから頼りにされ、うれしかったですね。もう一度世界で挑戦するのが夢です

学校で学んだこと・学生時代

柔道整復科では身体の仕組みやケガの様々な処置法を学び、鍼灸マッサージ科では奥の深い東洋医学を基礎から学んで鍼灸やマッサージの幅広い施術を修得しました。課外授業ではトレーニングの理論やスポーツ鍼灸を学び、刺さない鍼の「ていしん治療」など様々な技術を身につけました。また授業の後には鍼灸整骨院で見習いとして6年間アルバイトし、学校で教わったことを臨床現場でどう活用するかを学べたのは良かったですね。院長の問診での話し方から施術まで間近に見られたことが今も活かされています。スペインに留学できたのは東京医療専門学校の先生のおかげです。来日中のバルセロナのトレーナーを紹介されたことで道が開けました。

スポーツ選手のために、ケガをしにくい身体づくりの指導も行っています

石塚 雅章さん

木氣治療室 院長/柔道整復科/2014年卒 / 鍼灸マッサージ科 / 2017卒/柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。卒業後約1年間スペインに留学。バルセロナにある3部リーグ所属のプロサッカーチームに帯同し、チームのトレーナーから現地の技術を学ぶとともに、自分の技術がどれだけ通用するか挑戦する。2018年秋に帰国し、千葉県松戸市で木氣治療室を開業。身体の不調を訴える患者さんにはり治療などを行い、トレーナーとしてスポーツ選手のケガの処置や身体づくりを行う。「今はプロを目指す若い選手たちを中心にサポートをしたいと考えています」。全国にスポーツ医療を広める活動にも参加している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京医療専門学校(専修学校/東京)