• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 広島ビューティー&ブライダル専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 前山 友花さん(ブライダルプロデュース科/生花店員・店長)

広島県認可/専修学校/広島

ヒロシマビューティーアンドブライダルセンモンガッコウ

旧校名 広島ビューティーアート専門学校 2019年4月名称変更

「小さなアレンジにも心をこめて」が私のモットー

先輩の仕事紹介

挙式やパーティを彩る「花」を通じて、幸せのお手伝いができる仕事です

生花店員・店長
トータルビューティー科 ブライダルコース(現・ブライダルプロデュース科)/2018年3月卒
前山 友花さん

この仕事の魅力・やりがい

ホテル日航福岡内の日比谷花壇で、フローリストとして働いています。私が担当しているのは主に結婚式やパーティーの装花。花は、ブライダルやパーティーには欠かせないものですが、挙式全体のプロデュースなどとは異なり、仕事としてはあまり目立たないものかもしれません。けれども、新郎新婦様のご要望をヒヤリングしながら、お二人や挙式のイメージに合った花をアレンジするのは、とてもやりがいが大きな仕事。花に囲まれた会場を見るたびに、私自身も幸せのおすそ分けをしていただけるような気持ちになります。

この分野・仕事を選んだきっかけ

広島ビューティー&ブライダル専門学校のオープンキャンパスに参加したとき、対応してくれた先生が、楽しい面も厳しい面も含め、ブライダル業界の話をしてくれたことで、ブライダル業界に興味を持ち、入学を決めました。数あるブライダル関連の仕事から、フローリストの道を選んだのは、専門学校在学中に、学校から紹介された日比谷花壇でのアルバイトがきっかけに。日比谷花壇で働くうちに、花を扱う仕事の魅力を実感し、そのなかでも結婚式などの装花を担当するフローリストになりたいと思うようになりました。

花の一つひとつに愛情を込めて選んでいます

学校で学んだこと・学生時代

この学校は、将来の仕事につながる専門的な学びはもちろん、就職へのサポートもしっかり整っています。就職活動では、最終面接で5分間の自己PRがあったのですが、先生と相談しながらユニークな自己アピールを模索し、披露しました。どんなときにも親身になってともに考え、アドバイスをくれる先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。また、サポートするだけでなく、生徒の自主性を大切にし、背中を押してくれる環境なので、指示待ちではなく自ら考え行動することの大切さも学びました。さらに、社会人として欠かせないマナーや気遣いなどもしっかり指導していただきました。こうしたスキルは、私にとっての大きな財産になっています。

学校で学んだことが、この仕事を目指すきっかけに

前山 友花さん

株式会社日比谷花壇ホテル日航福岡店 勤務/トータルビューティー科 ブライダルコース(現・ブライダルプロデュース科)/2018年3月卒/日比谷花壇の最終面接では、BGMを流しながらアルバイト時代の実績をアピールしつつ、自分の成分表を作るというユニークなパフォーマンスを披露し、見事内定を勝ち取った。「広島ビューティー&ブライダル専門学校は、将来の目標のヒントとなるさまざまなチャンスがたくさんある学校です。将来には不安も多いと思いますが、学校と先生を信じていろいろなことに挑戦してみましょう。そうすることで自分の進むべき道も見えてきますよ」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
広島ビューティー&ブライダル専門学校(専修学校/広島)