• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 札幌観光ブライダル・製菓専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中島恭兵さん(観光総合学科/鉄道運転士)

北海道認可/専修学校/北海道

サッポロカンコウブライダル・セイカセンモンガッコウ

お客様とのコミュニケーションを大切に、日々安全運転

先輩の仕事紹介

お客様から「ありがとう」の言葉や、子どもが手を振ってくれたり、魅力がいっぱいです

鉄道運転士
航空旅行学科(現名称:観光総合学科)/2010年3月卒
中島恭兵さん

この仕事の魅力・やりがい

鉄道のワンマンの運転士の業務は多岐に渡ります。列車の運転は当然のことながら、乗車券の確認や精算、外国人のお客様の対応、機械の不具合や処置、動物事故の処理など、すべて自分一人で行わなければなりません。しかし、大変ではありますが、このすべてがやりがいでもあり、ローカル路線の運転士ならではの醍醐味かもしれません。鉄道ブームなどもあり、子どもたちが手を振ってくれたり、鉄道ファンに声をかけていただいたり、お客様に直接「ありがとう」と言っていただけたり、顔を覚えていただいたり、JRの運転士という職業には魅力がいっぱいです。やはり、お客様の生命を運ぶ仕事でもあるので、仕事を無事に終える度に達成感があります。

学校で学んだこと・学生時代

実技の授業がとても楽しかった思い出があります。特に接客サービスやアナウンスなどの授業は、実践的かつ新鮮で好きでした。ここで習得したスキルは、駅勤務時代はもちろん、運転士の今でもとても役に立っています。アナウンスについては、実際にお客様から「良い放送だった」と褒められたこともあります。入学当初、私はグランドスタッフを目指していました。しかし、旅行やJRに関する授業の内容が面白く、次第に興味が深まり、担任の先生に相談したところJRへの道を勧められたのが現職のきっかけです。授業での知識やスキルの習得はもちろんですが、就職に関わることに対して、適切なアドバイスをいただけたことはとてもありがたかったですね。

発車前の指差し安全確認は声を出して丁寧に行います

これからかなえたい夢・目標

これまで、駅の勤務からはじまり、車掌、運転士として歩んできました。次の目標は、各職務で学んできた知識やスキル、そして経験を生かして、列車の運行を管理する仕事に就きたいと思っています。弊社は、若くてもチャレンジできる環境が整っていますので、できることにはどんどんチャレンジしていこうと思っています。いまはまだ運転士としてスタートしたばかりなので、まずは運転士としてのスキルアップを目指します。そして将来的には、JRの職員として培ってきた経験を後輩に伝え指導できるような管理職へと着実にステップアップできるよう、これからもがんばっていきます。そのためには、人間としても成長していけるよう努力します。

ワンマンの運転士なので乗車券の確認・精算の業務も

中島恭兵さん

北海道旅客鉄道株式会社 室蘭運転所/航空旅行学科(現名称:観光総合学科)/2010年3月卒/高校時代は漠然と「空港で働けたらかっこいいな」との気持ちでグランドスタッフを目指し、オープンキャンパスを経て本校へ入学。しかし入学後、授業で旅行業の勉強をしているうちに、旅行業への興味が深まり担任の先生へ相談。そのときに、親身になってJRの仕事を勧められ、本校から初めてJR北海道に就職。今日まで駅職員、車掌、そして運転士と歩んできた。将来は自分の経験を後輩に伝えていく管理職を目指し、今日も正確に、安全運転でお客様を運んでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

札幌観光ブライダル・製菓専門学校(専修学校/北海道)