• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • JCHO横浜中央病院附属看護専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 菊地 夏輝さん(看護学科/看護師)

神奈川県認可/専修学校/神奈川

ジェイコーヨコハマチュウオウビョウインフゾクカンゴセンモンガッコウ

患者さまを気遣いながら点滴を調整

先輩の仕事紹介

「あなたは優しいね」の一言が、心をなくしそうなときのビタミンに!

看護師
看護学科/2016年3月卒
菊地 夏輝さん

この仕事の魅力・やりがい

やっぱり、患者さまからの言葉ですね。「あなたは優しいね」「いつもありがとう」「朝から元気だね」という言葉をかけられると、患者さま以上に、こちらが元気づけられてしまいます。そんな何気ない言葉の中から“あっ!この方を診ていてよかった”“元気になってほしい”“看護師をしていてよかった”と思えます。多くの患者さまを診て、急変などもある看護師の仕事は、忙しいのも事実。そんな中で、心をなくしそうになるときもあるんです。でも、主体はあくまでも患者さま。さまざまな事情はありますが、こちら本位ではなく、病気と闘っている患者さまの想いを汲んで、どれだけ関わりを持てるかが大切だと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

叔母が看護師をしていたこともあって、小学生のころには、漠然と人を助ける仕事・看護師になりたいと思っていました。私は覚えていないんですが、卒業文集にも“看護師”と書いていたそう。「JCHO横浜中央病院附属看護専門学校」は、尊敬する叔母の母校。今勤務している「JCHO横浜中央病院」も叔母が働いていたところで、配属病棟も一緒!なんだか運命を感じてしまいます。高校生のときには合唱部のマネージャーをしていたのですが、友達が極度の緊張などから「てんかん」を起こしたとき、ただそばにいるだけで何もできなかったことがありました。そのような出来事も、医療の道を目指すきっかけになったと思います。

手を握りながら患者さまとしっかりコミュニケーション

これからかなえたい夢・目標

看護師になって約3年が経ちますが、病院には母校の先輩や同期もいるので心強いです。私が担当している病棟は年配者が比較的多く、現在は「認知症ケア専門士」の資格をとりたいと思って勉強中!将来的には、HCU(準集中治療室)での看護に携わりたいと思っています。HCUは、比較的重い疾病を患っている術後の患者さまが多く、その分、ひとりひとりと関わる時間も長いのです。少しでも患者さまに安心感を与えられ、気持ちが前向きになれる看護を行えたらと思っています。患者さまの身体に触れることができる、数少ないプロフェッショナルな仕事として、患者さまとの距離感を大切に、親身に冷静に元気を与えることができる看護師になりたいです。

患者さまの病状や状態などもしっかりと引き継ぎ

菊地 夏輝さん

JCHO横浜中央病院/看護学科/2016年3月卒/宮城県の高校を卒業後、叔母の母校である「JCHO横浜中央病院附属看護専門学校」に入学。第一希望であったJCHOのグループ病院「JCHO横浜中央病院」に勤務し、循環器・脳外科・血管外科が専門。在学中の6人一組で1クール3週間、8クール行う臨地実習の中でも、「急性期実習」は、一番印象深い授業。このときの仲間とは、今でも仕事の悩みや相談をするよい関係。患者さまとの関わりを大切にした看護を実践しています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

JCHO横浜中央病院附属看護専門学校(専修学校/神奈川)