• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京アニメーター学院専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 狩野 翔さん(声優タレント学科/声優)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウアニメーターガクインセンモンガッコウ

声優、役者、アイドル・・・仕事の幅広さが自慢です

先輩の仕事紹介

台本の台詞は、あくまでも結果。その過程の心の変化を表現するのが声優・俳優の醍醐味

声優
東京アニメーター学院 声優タレント学科/2011年3月卒
狩野 翔さん

この仕事の魅力・やりがい

アニメやゲームのアテレコ、ナレーション、テレビやCMの出演、舞台、歌やダンス・・・。これまで関わった作品は数知れません。これぞ僕のスタンスで、様々な役の人生を演じたり、気持ちを声で表現できることが本当に魅力的だからこそマルチに取り組んでいます。この引き出しの多さは、まさに東京アニメーター学院で築いたものですね。作品に対して100%で臨んでも、「もっと違う表現ができたかもしれない」と思い悩むのもまたこの仕事。だからこそ自分自身を高め、人間性を磨くことでもっともっといい声優・役者になりたいと思っています。これからも「あの作品に影響されました」と言ってもらえるような、夢を与えられる仕事をしたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

もともとテレビやアニメなどは好きだったものの、高校卒業後は、漠然と大学に進学しました。飲食業界に内定をしたものの、これでいいのかな?という思いを抱いていたんです。そんなときに、電車の中吊りで声優の学校の募集を目にして「声を仕事にする!」ということに熱い思いが込み上げ、そこから猛然と声優の学校を探し、名だたる声優の方を輩出している東京アニメーター学院に入学しました。演劇や歌、ダンスなどは全く経験がなく、すべてが初体験の自分にとって何から何まで新鮮。だからこそ失敗を恥ずかしがらず何にでも挑戦し、自分の引き出しを充実させることができた2年間でしたね。友人と公園で舞台の練習をしたこともいい思い出です。

台本との向き合い方や自己PRなど、全て学校で学んだ

学校で学んだこと・学生時代

声優・役者にとって“自分の個性や武器”を把握するのはとても大切です。当たり前のことですが、それを忘れて型にはまってしまったり、ただの演技上手というだけでは他の人たちの中に埋もれてしまいます。僕の場合は、明るい、目立ちたがり屋、ポジティブという3点(笑)。だからこそ、そこを活かしてオーディションに臨んだり、現場が明るくなるような立ち居振る舞いをして存在感を示したいと考えています。声優・役者として生活するのは難しいと思われるかもしれませんが、仕事の幅は本当に広いので、意外とそんなことはないのではないでしょうか。何にでも挑戦して、全力で仕事に取り組む。その努力はきっと実を結ぶと思います。

監督やスタッフさんとの打合せも多いです

狩野 翔さん

東京俳優生活協同組合所属/東京アニメーター学院 声優タレント学科/2011年3月卒/大学在学中に声優や役者への情熱に気づき、就職の内定を辞退。好きなアニメの声優である野沢雅子さんが講師という点や、発声・演技・ダンス・アフレコなど幅広いカリキュラムのある東京アニメーター学院に入学。卒業後、芸能プロダクション東京俳優生活協同組合に所属。これまでの出演作品・・・【アニメ】「レゴチーマ ~アニマル戦士たちの伝説~」「GON -ゴン- 」「神様ドォルズ」「蒼い世界の中心で」【ゲーム】「アイドルマスター SideM」「Valiant Knights」【舞台】虹色オーケストラ「透明のシンフォニー」など幅広く活躍。2017年より、母校で講師も務める。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京アニメーター学院専門学校(専修学校/東京)