• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 関東学院大学
  • 先生・教授一覧
  • 吉田 広毅 教授(英語教育)

こんな先生・教授から学べます

英語教育の理論と実践から、異文化理解を考える先生

英語教育
国際文化学部 英語文化学科
吉田 広毅 教授
先生の取組み内容

「教育」にとって必要なものとは何でしょう? 教える技術、教わる側のやる気、教材、教室などの環境など。それらをどう組み合わせれば教育の成果が上がるかを考えるのが「教育工学」です。教える側からすると指導法や教材にばかり目が行きがちですが、教わる側は一人ひとりが違った人間です。私の研究対象である英語教育なら、英語の資格や検定に合格するために学ぶ生徒もいれば、英語の音楽が好きだから英語力を向上させたいという生徒もいます。英語を学ぶ意義自体を感じない生徒もいます。そうした生徒たちに同じ教材を使って、同じ教え方をしても、誰もが同じように成果をあげられるとは、考えにくいですね。英語文化学科では、生徒の特性に応じた効果的な教育・学習方法と、国際共通語としての英語を使った多文化交流を考え、学んでいきます。

イベントでは高校生に講義をすることも。関東学院大学では、学外との交流を積極的に行っています。

授業・ゼミの雰囲気

異文化理解や社会とのつながりを重視。理論と実践を融合した学びを実現します。

「実践なき理論は空虚であり、理論なき実践は無謀である」が吉田先生の持論です。そのため、英語科教育法の授業では、理論の学習と模擬授業等の実践を融合させます。一方、ゼミで重視しているのは、学校や行政といった社会とのつながりです。横須賀市の中学校の英語科の先生の依頼に応じて教材づくりに取り組んだり、横浜市国際局との共働により大学生を対象とした多文化交流に関する意識調査を実施したり、英語俳句コンテストに応募するなどしています。英語教育のみならず、多文化交流にも力を入れていることが吉田ゼミの特徴です。

ゼミでの授業風景。グループに分かれ、中学の英語教材づくりに取り組んでいます。

キミへのメッセージ

自分の当たり前だけが、当たり前ではありません。

英語を学ぶことで、人生の地平線が広がります。国際共通語としての英語を学び、文化的背景が違う人とも交流してみましょう。そして、自分たちの常識を「当たり前だ」と考えず、違いを楽しめる人になってください。

吉田 広毅 教授

専門分野:協調学習、自律的学習、動機付け理論を基にした英語科教育
他大学での専任講師・准教授・教授を経て2017年度に関東学院大学に着任。文部科学省「外国語能力の向上に関する検討会」委員、文部科学省「社会教育主事養成等の改善・充実に関する検討会」委員などを歴任。Elsevier "Teaching and Teacher Education" 査読委員、生涯教育学会常任理事。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

関東学院大学(私立大学/神奈川)
RECRUIT