• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都外国語大学
  • 先生・教授一覧
  • 森 篤嗣 先生(日本語学、日本語教育、国語科教育、日本語教師)

私立大学/京都

キョウトガイコクゴダイガク

こんな先生・教授から学べます

今、学ぶべき日本語とは?日本語教育の未来を教える先生

日本語学、日本語教育、国語科教育、日本語教師
外国語学部 日本語学科
森 篤嗣 先生
先生の取組み内容

日本語の教科書には、たいてい自己紹介の例文が載っています。たとえば「私は会社員です」などですね。ところで、自分を会社員だと紹介する人はどれだけいるでしょう。一般的には、「私はサラリーマンです」と言う人の方が多いのでは?そう考えると、教科書に載せるべき単語は、会社員よりもサラリーマンかもしれませんね。私は、今の世の中、人々の間で、どのような日本語が流通しているかを研究しています。研究の支えになるのは、膨大な言葉のデータベース「コーパス」。コーパスとは、日常的に使われる言葉を集めて、その意味や構造をコンピュータで自動的に処理する技術から生まれたものです。日本語学習者が本当に学ぶべき日本語とは何か。そして、それはどのように学ぶべきなのか。日本語学研究の成果を、日本語教育に役立てたいと思っています。

日本語教育で使われる教科書。言語処理の技術は、より良い教科書づくりにも貢献するでしょう。

授業・ゼミの雰囲気

日本語教員に必要な知識と姿勢を学びます。大切なのは、コミュニケーションを円滑に行う力を育むこと。

日本語教育のポイントについて、森先生は「教科書に書いてあることをそのまま教えたら良いわけではありません。現実の社会で使われる言葉、なおかつ、学習者が良いコミュニケーションを維持できる言葉を教えることが大切」と語ります。たとえば、使役の文法では「○○させる」という表現を学びますが、実際は「○○してもらう」という柔らかい表現が多用されます。学習者にはそのようなポイントも伝えるべきだと考える森先生。担当する授業「日本語教育文法」や「日本語表記法」では、学習者の立場に立った教育方法などを教えています。

「言語を教えることは文化を教えること」。日本語教員には、言語の背景にある文化を説明する力も必要です。

キミへのメッセージ

日本語や日本文化について知ることは、海外の人と交流する力になります。

留学すると、現地の人から日本について質問されることが多々あります。日本の言語や文化への深い理解は、異文化交流の助けになります。日本語教員をめざしていなくても、学べばあなたの心強い武器になるはずです。

森先生の著作。『授業を変えるコトバとワザ』(くろしお出版/2013)など。図書館でも借りられます。

森 篤嗣 先生

専門/日本語学、日本語教育、国語科教育
略歴:兵庫教育大学 学校教育学部 初等教育教員養成課程言語系(国語)コース卒業。兵庫教育大学大学院 学校教育学研究科 修士課程言語系(国語)専攻修了。大阪外国語大学大学院 言語社会研究科 博士後期課程言語社会専攻修了。学部・修士時代は国語科教育を専攻し、博士後期から日本語学の研究を始めた。タイの大学で日本語を教えた経験をもつ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

京都外国語大学(私立大学/京都)