• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 京都
  • 京都外国語大学
  • 先生・教授一覧
  • 倉田 誠 先生(語学(英語))

私立大学/京都

キョウトガイコクゴダイガク

こんな先生・教授から学べます

あなたもネイティブと同じ発音ができると断言する先生

語学(英語)
外国語学部 英米語学科
倉田 誠 先生
先生の取組み内容

口を大きく開けて「イー」と発声してみてください。できないはずです。発音は、口の形と舌の位置との組み合わせで決まります。英語の発音について、「この音は、(日本語の)アとエの中間」などと学んできた人は少なくないでしょう。しかし、それでは正しい発音につながりません。私の授業では、英語のこの音は「指が2本入るように口を開け、舌はここまで引く」という具合に、厳密な英語舌と英語口と意図的につくることで、ネイティブスピーカーと同じ発音を誘導します。言い換えれば、正しい英語舌と英語口を形成すれば、その音しか出ようがない。だから誰にでも再現可能なのです。正しい発音とは、例えるなら身だしなみ。いくら中身が素晴らしくても、だらしない服装では信頼されにくいですね。私の授業で、英語を美しくドレスアップしてください。

「Pronunciation Clinic」の履修者は多くが1年次生。正しい発音をマスターして英語学習を続けます。

授業・ゼミの雰囲気

洋画のワンシーンを引用。洗練された英語の音声と語彙を教える。

倉田先生は、授業でたびたび洋画を引用。映画をお手本に、洗練された英語表現や語彙、発音を身につけていく授業が展開されています。映画のセリフは一見ナチュラルに感じられますが、実際にはそうではないことが多いのです。例えば、ある切迫した状況で優美なセリフが盛り込まれていても、不自然に思わないのが映画というもの。すべてはプロのスクリプトライターが、俳優の演技力を考慮し、緻密な計算のうえで書いたセリフです。倉田先生はそこに着目。映画は磨き上げられた英語表現やスクリプトの宝庫であり、絶好の教材なのです。

授業では英語舌と英語口をつくり、実際に発音して練習。難しいという学生には先生が駆けつけて指導する。

キミへのメッセージ

英語攻略のカギは、第2・第3外国語の選択です。

1066年以来、英語にはラテン語(フランス語)の要素が多くなりました。英語の本格的な攻略には、第2・第3外国語としてフランス語などラテン語系の言語も学びたいところです。1066年の出来事は、調べてくださいね。

人間はきれいな音の出る楽器をもっている。その使い方をしっかり教えるのがこのクラスの狙い。

倉田 誠 先生

専門/応用言語学、英語学
略歴:1980年京都外国語大学外国語学部英米語学科卒業、1982年米国インディアナ大学言語研究科修士課程修了。「Pronunciation Clinic」「Integrated Skills Workshop」「実践英語学」「英語学概論」「英語コミュニケーション研究7(語彙活用演習)」などの科目を担当。著書に『映画で学ぶ英語学』(くろしお出版)がある。2018年、外国語学部長に就任。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

京都外国語大学(私立大学/京都)