• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 桐蔭横浜大学
  • 先生・教授一覧
  • 森 保憲教授(憲法/法学修士)

私立大学/神奈川

トウインヨコハマダイガク

こんな先生・教授から学べます

難解そうな憲法を、身近なものとして教えてくれる先生

憲法/法学修士
法学部 法律学科
森 保憲教授
先生の取組み内容

私の専門は憲法です。民主主義社会において、国家の方向性を決めるのは国民のはず。けれども実際には一部の官僚や政治家が方向性を決めています。そこで、一部の人たちの意思だけで決定されないためのルールとして存在するのが「憲法」なのです。ただし憲法の内容は抽象的でさまざまに解釈ができるため、違憲審査制などきちんと運用してもらうための仕組みが求められます。どういう仕組みを作れば国民の意思に沿った決定が為されるのかが、私の主な研究テーマです。高校生の皆さんの中には、憲法と聞くと難しいイメージを持つ人がいるかもしれません。けれども憲法を学ぶということは、たとえば六法全書を暗記するのではなく、さまざまなものごとを法律に照らし合わせて考えられるようになること。そこに憲法を学ぶ面白さがあるのです。

憲法を学ぶ面白さは、さまざまなものごとに照らし合わせて、考えられるようになることにあります

授業・ゼミの雰囲気

一番の公務員試験対策は、学生に将来のモチベーションを持ってもらうこと

森先生が担当するのは、主に公務員や法律専門職を目指す学生に向けた授業。こうした仕事に就くためには学科試験を受けることになるが、試験対策ばかりの授業だと学生のモチベーションを維持するのは難しい。そこで心がけているのが、「今学んでいる知識が将来どう役立つのか」をイメージできるような授業。新聞記事を題材にする他、実際に市役所へ行って仕事内容を見学するといったことも行うのだとか。「『将来こんな仕事がしたい!』という目標を持つことは、どんな試験勉強よりもはるかに役に立つんです」と森先生は語る。

学生のモチベーションを維持するための工夫が、先生の授業にはある

キミへのメッセージ

法律を学ぶことは社会を学ぶこと。だから将来の進路も多種多彩に

法学部は、在籍するだけで何かの資格を得られる学部ではありません。その一方で社会の仕組みを学べることから、選べる進路は多彩。あなたが想い描く未来にも、きっと法学が役に立つはずです。

森 保憲教授

中央大学大学院法学研究科博士後期課程満期退学。桐蔭横浜大学法科大学院教授などを経て、法学部教授に。憲法が主な研究分野で、「立憲主義・民主主義と憲法裁判制度」をテーマに研究を行っている。学生が自主的に学ぶ「アクティブ・ラーニング」による授業も担当しており、自治体が抱える課題を解決する政策をグループで考えていくといった授業も人気。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

桐蔭横浜大学(私立大学/神奈川)