• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 恵泉女学園大学
  • 先生・教授一覧
  • 志賀 里美 特任助教(日本語教育、日本語学)

こんな先生・教授から学べます

学習者にとって理解しやすい日本語教授法を模索する先生

日本語教育、日本語学
人文学部 日本語日本文化学科
志賀 里美 特任助教
先生の取組み内容

「日本人なら誰でも日本語を教えられる」と思われがちですが、ネイティブだからこそ言い間違いに気づかず、その理由を説明できないことが多々あります。国内の日本語教育現場では、日本語だけで教える「直説法」が基本。日本語がわからない学習者に対して日本語で教える特別な技法が必要となり、さらには客観的に日本語を見て分析する力が必要です。私が研究テーマとする「複合動詞」は、「食べる」+「出す」で「食べ出す」となるように、動詞+動詞のセットで別の動詞に意味が変わるため、ある学生からどう覚えたらいいのかと相談を受けたことがありました。それをきっかけに、日本語学習にも応用できるように、複合動詞の意味を細かく見てグループ化することに取り組んでいます。これからの日本語学習者の期待に応える教授法の開発に繋げたいですね。

日本語教育の現場では、紙芝居や絵カードを使うなど、外国人が理解しやすいように工夫を凝らしています。

授業・ゼミの雰囲気

フィールドトリップなどの体験学習を通して、「外国人に日本語を教えるとはどういうことか?」を理解する

「日本語教員養成課程」では、課程修了後すぐに教壇に立てる日本語教師の育成を目指します。授業では知識の習得だけではなく、日本語学校の教師を講演会に招いた後に学生たちと話し合う茶話会を催したり、日本語学校を訪れ実際の授業を見学をしたりなど、体験学習の機会が豊富。また、志賀先生の授業は、グループで調査を行った後に個人でレポートにまとめて発表し、それをみんなで議論する協同学習のスタイルで進めることが多いそう。「恵泉には留学生も多く在籍しているので、日本人学生との交流会も企画しています」と志賀先生。

恵泉で学ぶ外国人留学生との交流会を定期的に実施。一人一品持ち寄りでパーティを楽しみました。

キミへのメッセージ

とくにやりたいことが無くても大丈夫。恵泉でいろんな体験をしよう!

今はしたいことがなくても、積極的に人と接したりイベントに参加するのをお勧めします。私の場合、母校の恵泉で日本語を学んだことがその後の道を作ってくれました。小さなきっかけが、のちの人生の光となることも!

最近は育児で多忙な志賀先生の趣味は旅行とグルメ。多摩センター周辺の美味しい店を探すのが楽しみだそう。

志賀 里美 特任助教

担当科目/日本語教授法特講、日本語学 III など
略歴/恵泉女学園大学人文学部日本文化学科卒業。恵泉女学園大学大学院人文学研究科文化共生専攻修了、学習院大学大学院人文科学研究科日本語日本文学専攻満期退学。銀行員、韓国の日本語学校の日本語教員、恵泉や他大学での非常勤講師を経て、2015年より現職。
著書/『日本語を学ぶ外国人のための これで覚える! 漢字字典2500』(共編著:ナツメ社)

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

恵泉女学園大学(私立大学/東京)