• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 自治医科大学
  • 先生・教授一覧
  • 福嶋 敬宜先生(医学部・病理学講座/附属病院病理診断科)

私立大学/栃木

ジチイカダイガク

こんな先生・教授から学べます

病気の最終診断である病理診断を教えてくれる先生

医学部・病理学講座/附属病院病理診断科
医学部 医学科
福嶋 敬宜先生
先生の取組み内容

医学の一分野である「病理学」「病理診断」を専門としています。病気になると、臓器や組織、細胞の一部が形態的に変化したり、普通は見られない種類の細胞が増えたりします。このような変化を顕微鏡で観察して、病気の原因を解明するのが病理学です。そして、観察でわかったことをもとに患者の病気の診断をするのが病理診断です。特にがんなどの腫瘍性の病変では、悪性かどうかを判断したり治療方針を決めるために不可欠。一般の人が病理診断専門医と接することはありませんが、「病理診断」は最終診断として大きな役割を果たすのです。一方、医療現場だけでなく、腫瘍の形態的特徴と遺伝子やたんぱく質の変化を研究することで、新たな診断方法や治療法の開発を目指しています。病院で働く医師でありながら、研究者でもあるのが病理専門医なのです。

「100%正しい診断」は存在しません。多くの人と関わり様々な意見に耳を傾けながら学んでほしいですね。

授業・ゼミの雰囲気

症例検討と臨床実習を同時に行っていくことで症例に対する学生の理解を深める

病理学の講義のほかに、4~6年生を対象とした臨床病理カンファレンス、臨床実習を担当する福嶋先生。臨床病理カンファレンスでは、患者さんが亡くなり病理解剖を行った症例について、どのようなことが体内で起こっていたのか、死因は何かなどの検証を行います。実際の担当医を招いて検査結果や症状、治療方法を説明してもらい、症例検討の疑似体験をすることもあるそうです。臨床実習では、病院の実際の病理診断の現場で、顕微鏡を見て業務の一部を体験します。症例検討と業務を並行して学ぶことで、症例に対する学生の理解も深まります。

医療従事者に欠かせない「人に伝える力」を育むため、学生との意見交換の場を大切にしているという福嶋先生

キミへのメッセージ

ものごとの構造を理解するのが好きな学生はぜひ病理専門医になろう

病理学では、ひとつの臓器だけでなく体全体を理解する必要があります。体の中で起こっているあらゆることを理解できるので、構造を把握するのが好き、ものごとの仕組みを知りたいと考える学生は向いているはずです!

福嶋 敬宜先生

専門:自治医科大学医学部病理学教授・自治医科大学附属病院病理診断科診療科長
宮崎医科大学卒業後、内科・外科医として勤務した後、米国ジョンズ・ホプキンス大学医学研究所病理学部門へ。帰国後東京大学大学院准教授、東大病院病理部副部長を経て2009年9月より現職。大学では病理診断を教えるほか、自主セミナーでは「伝わる文章力」のテーマで講義も行う。「一生ものの文章力、そして情報発信力を身につけてほしいですね」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…
自治医科大学(私立大学/栃木)