• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 順天堂大学
  • 先生・教授一覧
  • 藤原 俊之 教授(リハビリテーション医学)

私立大学/東京・千葉・静岡

ジュンテンドウダイガク

こんな先生・教授から学べます

患者の幸福を求めて、機能回復を追求する先生

リハビリテーション医学
保健医療学部 理学療法学科 (2019年4月開設)
藤原 俊之 教授
先生の取組み内容

運動機能や感覚に障害が残っている患者に対して、回復に繋げるためにどうアプローチしていくかを日々研究しています。神経を損傷している場合でも、理学療法で刺激を与えることによって機能が回復していくことは証明済み。私が取り組んでいるのは治療が終わってからのリハビリではなく、治療と同時にリハビリを行っていくという新しい方法。機能が回復しようとしているのを手助けするには寝たきりの状態をなるべく短くすることが重要だと思っています。半身麻痺などの場合でも脳の別の分野が代理でその機能を果たすようになることも分かっていて、そのためにどのようなアプローチが必要なのか。それを臨床の現場で考えるのが私の仕事。根底にあるのは、障害で困っている人が沢山いる。一人でも多くの人を救ってあげたいという医師としての義務感です。

高度な理学療法を提供

授業・ゼミの雰囲気

臨床現場と直結した学びで医療人としての即戦力を養成しています

大学病院附属であることを最大限に活かした学びを展開。臨床医が様々な障害のデータを元に、実際の治療経過を教えてくれるので、学生達は学んでいることを実際と結びつけて体感することができます。また、実習が多いことはもちろん、普段から臨床の現場で授業を行い、実践力をつけさせていく取り組みも特徴的。このように臨床現場に立ち会う機会が数多くあることで自然と医療人としての心構えが備わっていきます。臨床現場で見聞きしたことをディスカッション形式で話し合い、疑問や発見を促していく超実践授業が順天堂大学の学びです。

世界トップレベルの医療人へ

キミへのメッセージ

質の高い学びを用意して、学生たちの夢が実現できるよう尽力します

何を目指すのかをしっかり見定めれば、結果は自ずとついてくる環境を整えています。困っている人を助けたいと思う気持ちが医療人としての資質。ここで学び多くの人を助ける術を身につけ、世界へ羽ばたいてください。

藤原 俊之 教授

1993年福井医科大学卒業。同年4月に慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室入局。その後、国立療養所東埼玉病院、国立療養所村山病院、埼玉県総合リハビリテーションセンターなどを経て、現在は順天堂大学で教授を務める。学生時代は遊ぶことが大好きで福井医科大学にヨット部を創設するなどアクティブな一面も。学生にはよく学び、よく遊ぶという人間らしい学生生活を送ってほしいという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

順天堂大学(私立大学/東京・千葉・静岡)