• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 聖徳大学
  • 先生・教授一覧
  • 阿部 頼子講師(小児看護学)

私立大学/千葉

セイトクダイガク

こんな先生・教授から学べます

看護師という立場から、子どもと家族の成長を支える先生

小児看護学
看護学部 看護学科
阿部 頼子講師
先生の取組み内容

疾患をもつ子どもたちとその家族が、地域社会の中でどのように生活し、成長していくか?それが主な研究テーマです。看護師として子ども専門病院に勤務する中で、たくさんの先天性疾患をもつ子どもたちに出会いました。小さな体で度重なる手術に耐え、それでも懸命に生きる彼等の姿から、何度も勇気をもらいました。一方で、子どもの病気という現実に直面し、悩み苦しむ保護者の姿も見てきました。また、子どもが退院した後は、看護師に代わって家族がケアを担うことになります。時には周囲の理解を得られなかったり、地域社会にうまく溶け込めないと感じたりすることもあるでしょう。そんな時、看護師という立場からどんなサポートができるかを考えています。子どもたちと家族の成長を見守り、人生全体にも関わっていける。それが小児看護の醍醐味です。

授業では絵本の読み聞かせなど、子どもとコミュニケーションをとる方法や遊びの大切さも学びます。

授業・ゼミの雰囲気

赤ちゃんや保護者とのコミュニケーションを実践的に学ぶ「赤ちゃん先生」

核家族化が進む昨今、学生たちが小さな子どもとふれ合う機会は少ない。そこで看護学科では「赤ちゃん先生」と呼ばれる授業を行っている。この授業では、赤ちゃんと保護者を大学に招き、育児のことや、子どもの誕生や成長が家族にもたらす変化など、様々な知識を実際に赤ちゃんとふれ合いながら学ぶことができる。「子どもの成長を身近に感じることで、学生たちは多くの貴重な学びを得るでしょう。また、子育てを担う家族と直接ふれ合うことは、小児看護の基本である家族をみることについて考える機会にもなります」と阿部先生は語る。

学生たちは、「赤ちゃん先生」で赤ちゃんに会えるのをとても楽しみにしています。

キミへのメッセージ

たくさんの子どもたちの「第2の父母」になれる仕事です!

疾患をもつ子どもたちにとって、看護師は「第2の父母」ともいえる存在。子どもたちや家族の成長を一緒に経験できることが、小児看護の最大のやりがいです。そんな素敵な体験を、私たちと一緒にしてみませんか?

子ども専門病院で経験したことや、私自身が子育てをする中で学んだことを、学生たちに伝えていきたいです。

阿部 頼子講師

東京慈恵会医科大学附属柏看護専門学校卒業。子ども専門病院に勤務しながら、放送大学教養学部生活と福祉コースを修了。結婚を機に子ども専門病院を退職し、保健センターや訪問看護師、ケアマネージャー、小学校勤務などを経て、福島県立医科大学大学院看護学研究科精神看護学専攻を修了。現在は大学で教鞭をとるかたわら、子育て支援活動として、保護者や保育士、放課後児童支援員などへの講義も行っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

聖徳大学(私立大学/千葉)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路