• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岡山
  • 川崎医療福祉大学
  • 先生・教授一覧
  • 山本 健一郎准教授(医療技術学)

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

こんな先生・教授から学べます

工学の視点で、人工臓器の開発改良に取り組む先生

医療技術学
医療技術学部 臨床工学科
山本 健一郎准教授
先生の取組み内容

私は理工学部出身で、もともとは化学工学という実験室における化学と工業プラントでのものづくりを橋渡しする学問の出身です。化学工学の視点で生体を見ると、心臓はポンプ、肺はガス吸収・放散装置、胃・腸・肝臓は化学反応装置、腎臓は膜濾過装置、そして脳はこれらの装置を統制する自動制御装置と見ることができます。すなわち、人工臓器の創製・開発・改良には、化学工学の知識と手法が欠かせないわけです。医用化学工学の研究室に配属された大学生の頃より、人工臓器等のデバイス開発・改良に取り組んできました。

現在は血液浄化を中心に治療条件の模索、治療条件を見極めるためのモニタリング等周辺分野を研究しています

授業・ゼミの雰囲気

学んだ知識、技術を自らの「道具」として使えるように、学生の主体性と自ら考える力を育む授業・ゼミ

臨床における工学の専門家である臨床工学技士に求められる知識、技術を伝えるよう心がけているという山本准教授。それらの知識、技術が実際に使える「道具」となるように、臨床や研究における具体的な事例なども盛り込んだ講義が特徴です。ゼミにおいても同様に、講義や実習で学んだ知識や技術を「道具」として実際に使い、理解を深められるような卒業研究課題を設定。卒業研究では、学生が主体性をもって未知なる課題を見出し、解決または達成することをめざし「答えを教えない指導」に取り組んでいます。

学生にはできるだけ答えを教えない、という山本准教授。ヒントを与え、学生の主体性と思考力を伸ばします

キミへのメッセージ

チーム医療の一員として、工学分野から患者さんの生命を救う臨床工学技士に

臨床工学技士は現代医療に欠かせない医療機器のスペシャリストです。一人でも多くの生命を救うため、今後ますます増大する医療機器の安全確保と有効性維持の担い手として、チーム医療に貢献してみませんか?

山本准教授の趣味はドライブとギター。本州はすべて走破するほどの車好きなのだそうです

山本 健一郎准教授

専門分野/医用化学工学、血液浄化、人工臓器
略歴/早稲田大学理工学部応用化学科卒業、同大学大学院理工学研究科応用化学専攻博士前期・後期課程を修了し、早稲田大学 21COE客員研究助手に着任。その後早稲田大学応用化学科助手、同大学高等研究所助教、東京女子医科大学臨床工学科助教を務めた。2016年より現職。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)