• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 川崎医療福祉大学
  • 先生・教授一覧
  • 石田 弘准教授(リハビリテーション学)

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

こんな先生・教授から学べます

お腹の筋肉を鍛え、障害予防や健康増進をめざす先生

リハビリテーション学
リハビリテーション学部 理学療法学科
石田 弘准教授
先生の取組み内容

障害の予防のために有益となる運動方法を模索しています。現代の日本では、老若男女を問わず腰痛を訴える方が多く、一方では誤嚥性肺炎が高齢者の死因の一つに挙げられています。この二つは一見、全く違うもののように感じるかもしれませんが、どちらも腰やお腹の筋肉といった「腹筋群」の働きという点で共通しているのです。腰痛予防の運動に呼気運動を組み合わせるなどの工夫を行うことで、症状の改善や予防に繋げられるのではないかと考え研究に取り組んでいます。理学療法士の活動は、疾患をもつ対象者だけではなく、前述の腰痛や誤嚥性肺炎、さらに、生活習慣病の予防など、健康増進の分野でも期待されています。運動方法の工夫によっては簡単に取り組むことができ、効果的な手法を基礎的な研究で示すことが大切であると考え、情熱を注いでいます。

難しい運動は続きません。簡単に取り組むことができ、さらに効果があることを研究で示すことが大切です

授業・ゼミの雰囲気

運動について考察することが少しでも面白ければ、実習は大成功。動作分析に欠かせない知識の理解を深める

石田准教授の授業では“人の運動とは何か?”をテーマに、外からの観察だけでは判らないものを機器を用いて数値化する「運動学実習」を行なっています。様々な機器を使い、筋力や重心動揺、筋電図、床反力、加速度、呼気ガスを測定。これらを考察することで、理学療法士の仕事の大きな範囲を占める「動作分析」に求められる知識を修得します。授業はグループワークで行われ、学生同士で工夫し合いながら進められます。試行錯誤の中、石田准教授からの少しのアドバイスをヒントに課題をクリアすることで、より確かな知識が身につきます。

「運動学実習」では、筋電図を用いて筋肉の動きを測定。筋肉の動きを知ることで動作分析につながります

キミへのメッセージ

対象者が自ら進んで、リハビリに取り組める関わり方ができる理学療法士に

臨床で関わる対象者は様々な生活障害を抱えています。対象者の課題を明らかにし、受け身ではなく、自ら回復しようという気持ちでリハビリに取り組める関わり方ができる理学療法士をめざして、一緒に勉強しましょう。

学生時代はドラマーだった石田准教授。現在、リハビリで対象者を支えるように音楽でも縁の下の力持ちでした

石田 弘准教授

専門分野/基礎理学療法
略歴/川崎医療福祉大学を卒業後、東京の総合病院で勤務。後進の指導を志し、川崎医療福祉大学大学院・医療技術学研究科博士課程でリハビリテーション学を専攻しながら、様々な現場を経験するために岡山県の診療所に5年間勤める。1999年より現職。現在も理学療法士として、川崎医科大学附属病院での臨床を行いながら、次代の理学療法士養成に取り組んでいる。理学療法に関する論文も多数発表。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)