• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 福岡
  • 筑紫女学園大学
  • 先生・教授一覧
  • 野中 亮准教授(社会学)

社会学

右へ
左へ

世の中の現状を冷静に調査・分析し、未来の社会を柔軟な発想で描く

社会学専門の野中准教授の学びを通して、どんな力が身につくのでしょうか。野中准教授との出会いで「多角的な視点をもつこと」や「現地へ出向くこと」の大切さを学んだというゼミの学生さんにお話を聞きました。

社会学
現代社会学部 現代社会学科
野中 亮准教授
  • 伝統行事の都市イベント化について調査し、人と人の繋がり=ネットワークの変化が都市に及ぼす影響を研究
  • 熊本県立済々黌高校、熊本大学文学部、同大学院終了後、京都大学大学院文学研究科単位取得満期退学。大阪樟蔭女子大学、大谷大学を経て2015年より現職。
「もっともらしい」を疑い、まだ知らないことを発見しよう!

社会調査法を学び、データに基づいた未来社会の構想力を身につける

フィールドワークを通して、自分で問題点をみつけ課題策を考える

早いスピードで変化しつづける社会の現状を把握することが重要!

社会学を学ぶにあたって大事なことは、理想を語るのではなく冷静に現状を分析すること、分析結果に基づいて我々がどう生きるべきかを熱意をもって構想することです。現代社会学科では、冷静な現状分析のための手法としてフィールドワークやアンケート等の社会調査法を学び、そこで得られたデータに基づいて大胆に社会を構想する力を育むことに努めています。先行きの見通しが経たない社会にどう対応するべきかを考えていきます。

物事を多角的視点で研究し、社会から注目を集める「きっかけ」を生み出したい

ゼミでは観光を焦点にした地域連携活動を行っています。様々な角度から地域を見つめ、資料に基づいて比較や考察を行い、実際に地域にどんな対応ができるかを提案しています。現場の意見を聞いて初めて気付くことも多く、「多角的視点」や「情報伝達」の重要性を学びました。アートに昔から興味があるため、デザインを通した地域活性化や商品開発の仕事に就きたいです。

3年:松田 桃佳さん

右へ
左へ

固定観念にとらわれない、柔軟な考え方を大事にしたい

地域研究の一環で長崎県平戸市へ行き、実際に現場で活動することで現地の状況を直接知ることの重要性を学びました。教科書的な対策が存在しないため、地方自治体が対応策の構想に四苦八苦しているという実態もみることができました。社会学を通して、現代の様々な物事を多角的に捉える方法を学びました。何事も固定観念にとらわれず、柔軟な考え方ができる社会人になりたいと考えています。

4年:岩坂 乃晏さん

右へ
左へ

高校生へのメッセージ

冷静な現状分析とその結果から新しいものを生み出す構想力は、どのような職場・家庭・地域であろうと必要とされる能力です。世の中について誰もが知っているようでまだ知らないことを発見して楽しみましょう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

筑紫女学園大学(私立大学/福岡)
RECRUIT