• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東邦大学
  • 先生・教授一覧
  • 細井 晴子 准教授(生物物理化学)

私立大学/東京・千葉

トウホウダイガク

こんな先生・教授から学べます

「蛍光タンパク質」がなぜ光るのかを探る先生

生物物理化学
理学部 生物分子科学科
細井 晴子 准教授
先生の取組み内容

「蛍光タンパク質」は、クラゲやサンゴが持つ「光るタンパク質」です。蛍光タンパク質を利用することで、細胞や組織の中にあるタンパク質の位置・動きを観察することができるようになり、生物の体の中で何が起こっているのか分かるようになりました。蛍光タンパク質を使えば、生物のDNAや病気の原因など様々なことが調べられるため、生命科学分野の研究にとって欠かせないものとなっています。しかし、光る理由はあまりよく分かっていません。私たちは、超短パルスレーザーを用いた「分光」という新しい実験手法を用いて、光る理由を解明する研究に取り組んでいます。新しい実験手法と蛍光タンパク質を組み合わせることで生命現象をとらえる、新しい学問分野の研究です。

学生たちがつくった様々な色の蛍光タンパク質。なぜ光るのかを研究しています

授業・ゼミの雰囲気

まずは実験に取り組んでみる。自分で出した世界で初めての研究データと、巡り合えます

細井先生が学生のために重視していることは二つ。一つ目は「頭で理解する前にまず体を動かす=実験する」こと。卒業研究で得られる実験結果は、学生自身が出した世界で初めてのデータ。学生たちは自分のデータを説明するために、実験結果の意味や価値を考えられるようになっていくという。二つ目は「自分で動く」こと。卒業研究は、自ら動いてまずは実験し新しい現象を発見、その結果について考え発表を行う。細井先生は「社会に出たら自分で動くことが必要。卒業研究を、学生が自ら動くための練習の場としてほしい」と言う。

学生による卒業研究発表会の様子。4年生にとっては自分で出した世界で初めての研究データ

キミへのメッセージ

大学に進学する前に、興味があること、学びたいことを自分で決めましょう

大学では、興味がある分野に絞って学ぶことができます。ですが、それは大学に入るまでに興味がある分野を決めるということです。ぜひ好きなことを見つけて大学に進学し、希望の勉強ができるように。応援しています。

ぜひ、本当に好きな分野を見つけて、大学に進んでください。応援しています!

細井 晴子 准教授

1993年日本女子大学家政学部家政理学科I部化学系卒業、1998年お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了、博士(理学)。1999年お茶の水女子大学大学院人間文化研究科助手、2002年理化学研究所博士研究員、2008年東邦大学理学部生物分子科学科講師、2015年より現職。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

東邦大学(私立大学/東京・千葉)