• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 兵庫
  • 兵庫大学
  • 先生・教授一覧
  • 樽本 つぐみ准教授(健康科学)

私立大学/兵庫

ヒョウゴダイガク

こんな先生・教授から学べます

長距離選手のタイム更新に向け、トレーニングを極める先生

健康科学
健康科学部 健康システム学科
樽本 つぐみ准教授
先生の取組み内容

私は、ランナーとして陸上人生を歩んできた自身の経験を活かし「女子長距離選手のトレーニング」について研究しています。今はトレーニングの中でも、選手が結果を出すための「言葉かけ」に注目。指導者は「ずっとみてるよ、頑張れ!」と励ますだけではなく、選手が諦めかけた時に「本当にそれでいいの?」と言葉かけを行い、闘争心に火をつけることも。しんどいなと思うと身体は動かなくなります。まさに「心・技・体」。長距離選手は自身と向き合い、心を鍛えることで記録更新へとつなげます。現在、看護学科や栄養マネジメント学科の先生と協働し、監督を務める兵庫大学女子駅伝部の身体データを蓄積中。血液、体脂肪、筋肉量などの身体データを測定し、一人ひとりに合ったトレーニング法と言葉かけを行い、選手のタイム更新につなげたいですね。

こうやって走れるのは、みんなのおかげ。一人では何もできません。仲間、先生、両親のために頑張る心が大事

授業・ゼミの雰囲気

保健体育教員を目指す学生に、「安全配慮」を一番に指導している

樽本先生はスポーツ実技指導を担当。中学校の保健体育教員を目指す学生に授業展開や指導方法を教えている。指導者として体育授業を行う際には、安全に配慮することが一番大事であり、それを徹底して教えていると語る樽本先生。「スポーツに怪我はつきものですが、安全配慮を怠って怪我をさせては教員失格です」。例えば、ボールやマットの位置、太陽の位置確認などを細かく指導しているとのこと。「これらの安全確認をマスターすれば、後は授業を楽しく!出来なかったことが、出来るようになるために、声かけを大切に」と笑顔の樽本先生。

保健体育の教員を目指す学生に、陸上競技、球技、器械運動などの正しい指導方法を教えている

キミへのメッセージ

自分がしたい!と思ったら挑戦すればいい。

自分がしたいと思ったら、まずは挑戦してください。新しいことにチャレンジすれば、必ず周りにはあなたを励まし、支えてくれる人がいます。取り組んで初めて自分の世界が見えてきます。最後まで絶対に諦めないで!

「陸上の魅力は、自分がトレーニングした結果が、記録として数字に表れること」と笑顔で語る樽本先生。

樽本 つぐみ准教授

専門:健康科学スポーツ
略歴:東亜大学大学院 総合学術研究科 修士課程修了、修士(人間科学)。中学の時に陸上部に入部。体育大を経て実業団陸上のワコールで活躍。元10kmロード日本記録保持者である。1996年から全国都道府県対抗女子駅伝競技大会兵庫県代表コーチを務める。兵庫大学での教員歴は19年。現在は健康科学部 健康システム学科の准教授として実技を指導、大学の女子駅伝部の監督も務める。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

兵庫大学(私立大学/兵庫)