• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 湘南歯科衛生士専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 中村雅典先生(組織発生学・口腔解剖学)

こんな先生・教授から学べます

歯と体全体がどのように関わっているかを学べる先生

組織発生学・口腔解剖学
歯科衛生士科 
中村雅典先生
先生の取組み内容

組織発生学は、体を構成する最小単位である細胞とはどういうものか、またそこから人体がどう構成されていくのかを学びます。いっぽう口腔解剖学は、頭頸部を中心にした体の構造を詳しく勉強していきます。超高齢社会の今、口腔ケアは認知症や心疾患などと密接に関係することが分かってきました。将来、歯科衛生士として患者さんに向き合う上で、口腔内と全身の病気の関連性を知っておくことは重要で、そのために口腔内や歯を中心に体の基本構造を学ぶことは大切な要素と言えるのです。現在、歯の再生医療が注目されているように、歯科の臨床医療は大きく進歩しつつあります。細胞レベルから歯や歯周組織についての学びを深めていくことで、今後の歯科医療の最前線に立てる歯科衛生士を目指してほしいと願っています。

口腔や歯の構造の一つひとつを、丁寧に分かりやすく説明

授業・ゼミの雰囲気

難しい細胞の話も、身近な例を挙げると次第に興味が湧いてくるもの。楽しく理解できるよう努めています

1年生の前半の授業では、難しい細胞の話も、できるだけ普段の生活に関連する身近なものを例に出しながら分かりやすく伝わるよう工夫しています。また年間を通して、単に講義の内容を聞くだけでなく具体的な課題に取り組むことを重視。授業の最後に、その日に学んだ中での大事なポイントを小テストにして実施しています。授業内容の反復にもなり、要点を把握しながら頭の整理ができていきます。この小テストの内容をしっかりと復習していくことで、きっと成績にも結び付いていくと思いますよ。

「新しい時代の歯科医療を担う歯科衛生士を育てたい」との想いで指導している

キミへのメッセージ

これからの超高齢社会で、歯科衛生士の役割はいっそう大きくなります

今後いっそう進んでいく超高齢社会では、口腔ケアは全身の健康に関わる重要なものになっていきます。その一翼を担う歯科衛生士は、私たちの生活に欠かせない大事な職業ですからやりがいはいっぱいだと思います。

中村雅典先生

昭和大学客員教授・日本歯科大学客員教授/昭和56年東北大学歯学部を卒業後、東北大学大学院歯学研究科に進学し、昭和60年に修了し歯学博士を取得。その後南カリフォルニア大学に留学し、帰国後東北大学歯学部口腔解剖学第二講座助教、東北大学大学院医学系研究科医科学専攻細胞生物学講座発生生物学分野(旧解剖学第三講座)准教授を経て、昭和大学教授(歯学部口腔解剖学講座)。令和3年に昭和大学を退職し、現在に至る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

湘南歯科衛生士専門学校(専修学校/神奈川)
RECRUIT