• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 浅野工学専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 加藤 直樹教授(コンクリート工学)

こんな先生・教授から学べます

地震に強いコンクリートづくりを実験で教えてくれる先生

コンクリート工学
建築工学科 
加藤 直樹教授
先生の取組み内容

住宅情報の構造欄で目にするRC造(鉄筋コンクリート構造)、SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート構造)には文字通りコンクリートが使われています。私の授業では将来の仕事に活かせるコンクリート材料を吟味する力と、耐久性コントロールの技術を身につけることに力を入れています。地震大国の日本では、より耐久性の高いコンクリートが求められます。そこで実習と実験に重きを置き、コンクリートの硬さや鉄筋の種類、本数を調整しながら自分たちでコンクリートをつくり、それがどの程度の強度を持つか、耐久度を変えて爆裂するまで実験し、理解を深めます。本校はコンクリートを学ぶ学生たちが集う全国大会で優勝経験があり、その時の課題は指定された硬さのコンクリートづくりでした。指定ぴったりに合わせての優勝だったのは、学びが身についていた証でしょう。

実習棟にあるコンクリート強度を測定する機械を使って、実験しながら学生たちに解説します

授業・ゼミの雰囲気

建物の構造やデザインなどを勉強するなかで、コンクリートの知識が活かされる方法を学べます

加藤先生の授業はコンクリートの材料と性質、種類を知ることからスタート。その後、コンクリートづくりと実験を繰り返しながら、起きた事象は「どういう要因が考えられる?」「どうすればよい?」と話し合い、維持管理まで学びます。先生のストーリー性をもった指導は理解しやすく考える力もつきます。建築分野で活躍中の卒業生が多いのは「コンクリートだけでなく、建物の構造やデザインなどを勉強するなかでコンクリートの知識が活かされる学び」「お客様の要望にこたえる実務優先の教育」のため。即戦力を目指すサポートは手厚いです。

オープンキャンパスでもコンクリートづくりと強度実験を行う加藤先生の授業が体験できます

キミへのメッセージ

建物をつくってみたい、関わってみたいという気持ちが一番大切です!

本校のカリキュラムはすべて必修のため偏りなく学べ、建築業界が求める知識と技術を実習を通して体で覚えられます。文系でも建築に関心があれば心配は要りません。一緒に学び建築の仕事を目指しましょう。

加藤 直樹教授

専門:コンクリート工学
工学博士。1983年より浅野工学専門学校の教壇に立つ。授業だけでなく就職指導にも長年携わっており、2022年校長に就任。コンクリート分野に関する執筆を多数手がけるほか、日本経団連キャリア・アドバイザーを務めるなど、幅広い立場から建築業界の発展に貢献する。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

浅野工学専門学校(専修学校/神奈川)
RECRUIT