• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪ハイテクノロジー専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 長谷川 尚哉先生(ロボット・プログラム)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

オオサカハイテクノロジーセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

人にやさしい未来のロボット開発について教えてくれる先生

ロボット・プログラム
生命工学技術科 AⅠロボット専攻(昼・3年) (2020年4月名称変更予定)
長谷川 尚哉先生
先生の取組み内容

私が長年テーマとしているのは「人にやさしいロボット」です。どんなに多機能・高性能でも使いにくければ何の役にも立ちません。早く正確に指定された場所へ移動するなど決まった動作をするのがロボットですが、人とぶつかりそうな場面ではケガをさせない、誤操作しても誤操作と判定して入力を受け付けないなど、操作しやすい設計・プログラムなど、人に対する思いやりが要求されます。
私の授業では、学生のみなさんに「使う人のことを思って、モノづくりをすることの大切さ」を伝えながら、人に役立つロボットやアプリケーションの制作指導にあたっています。医学と連携した手術ロボット、介護やリハビリ・福祉分野、農業など、今後も可能性が広がるロボット技術を一緒に学びましょう。

人に優しい=ヒューマンインターフェースの考えをじっくり丁寧に指導

授業・ゼミの雰囲気

ものづくりを通じて、技術と知識、プロのマインドを育てる授業

長谷川先生の授業の特長は、ロボットやプログラムを作って終わりではなく、それをどういう思いで作ったのかプレゼンテーションを行い発表する場が設けられています。「エンジニアとしてどういう思いでそれをつくったのかが大事だと私は思います。伝える場があることで学生のみなさんに、エンジニアに大切な考えを学んでほしいです。『ロボットプロジェクト』の授業では、学生が実際にものづくりを通して、技術はもちろんプロとしての考えも学べます。将来にも大きく役立つことでしょう」と先生から説明してもらいました。

学校内のパソコンや設備を使って、ものづくりを楽しみながら学ぶ

キミへのメッセージ

最新のロボット技術身につけ、多くの人を喜ばせる人材に!

どの分野でも人に喜んでもらえると自分も嬉しいものです。大阪ハイテクノロジー専門学校では、人を喜ばせる機械工学、ロボット技術を身につけていただくため、基礎から技術が身につくようにしっかり指導します!

文化庁メディア芸術祭、アジアデジタルアート大賞展などでも表彰を受けた先生

長谷川 尚哉先生

専門:ロボット・プログラム
神奈川工科大学 大学院工学研究科前期博士課程・機械システム工学専攻修了後、ロボット分野の企業で、ロボットの制御系マイコンの開発、計測機器、ロボットの開発業務に関わる。2010年から長谷川技術開発を起業し、2015年にロボットアートテクノ株式会社に法人化。ロボット開発・受注開発・ロボット教材の製作販売に携わる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

大阪ハイテクノロジー専門学校(専修学校/大阪)