• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪航空専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 柳瀬 善行先生(航空整備士)

大阪府認可/専修学校/国土交通大臣指定 航空機整備訓練課程校/大阪・兵庫

オオサカコウクウセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

航空機の安全を支えるスピリットと技術を教えてくれる先生

航空整備士
航空整備士学科 
柳瀬 善行先生
先生の取組み内容

航空機(飛行機、ヘリコプターなど)は、現代社会になくてはならないものとなっています。短時間で長距離を移動できたり、ドアトゥドアで渋滞なく移動できたりと、非常に便利な乗り物です。私は小学生の頃すでに航空業界をめざそうとしていたのですが、当時大きな事故があり、恐くなってためらったこともありました。それでも航空機への思いがまさりました。だからこそ、航空機の最終目標である事故ゼロを実現するために役立つのだと。現在航空機の事故率は数万飛行時間に1回といわれ、安全性でも非常に優秀です。でも、事故ゼロではありません。電車やバスのように日常の足として利用されるようになった航空機を支え、「さらに安全な乗り物、事故のない乗り物に導いてくれる人材を育てたい」という思いで、日々学生と向かい合っています。

機体の改良、発達により航空機の安全性は本当に高くなりました。それを影で支えているのが整備士です。

授業・ゼミの雰囲気

視る、触る、嗅ぐ、聞く。感覚を研ぎ澄まし、航空機の安全を保証できるプロをめざす

航空整備士学科で主に機体実習を担当する柳瀬先生。小型機のセスナを使って構造や機能を学生に十分理解させた上で、実際の整備作業へと進めていく。安全性を極めた作業となるよう、感覚を研ぎ澄ました危険察知能力を大切にしている。例えば燃料系統の実習では、実際の燃料を触ったり匂いを感じたりしながら、燃料を扱う際の注意事項を一つ一つ確認していく。その後、機体の燃料系統システムを理解し、燃料タンクや燃料フィルターの取り外し、洗浄、点検、取り付けなどの実作業へと移る。

学生の作業の様子を見ていて、いい時はいい、悪い時は悪いと、明確かつ丁寧に指導してくれる柳瀬先生。

キミへのメッセージ

航空整備士になるのに特別な能力はいりません。普通でいいのです。

何かは極端にできるけれど何かが極端に劣っているより、どんなことも普通にできる人が望ましい。実はそれが一番難しいことかもしれませんね。

趣味は吹奏楽。のどかな環境にある和歌山北部の自宅で、トランペットを吹くのが何よりの愉しみ。

柳瀬 善行先生

専門:航空機整備
1978年海上保安庁入庁。1979年鹿児島海上保安部配属。ヘリコプター搭載型巡視船航空整備員を初めに、以降第4管区(中部)、第5管区(近畿四国)にて海上保安官(航空整備士)として、中型ヘリコプター、小型双発ターボプロップ機などの整備にあたる。1等航空整備士(回転翼・飛行機)(制限付)資格保有。2007年より大阪航空専門学校航空整備士学科教官。2010年より同学科学科長。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

大阪航空専門学校(専修学校/大阪・兵庫)