• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京医薬専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 大野 光宣先生(バイオ技術者・研究者)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウイヤクセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

くすりを扱うさまざまな職業人(プロ)を育てる先生

バイオ技術者・研究者
くすり総合学科 
大野 光宣先生
先生の取組み内容

「くすり総合学科」では、1年次にくすりに関する5つの仕事(研究開発、製造、品質管理、流通、販売)について幅広く学びます。最初からひとつの職種に絞り込むことなく、くすりに関するすべての仕事に必要な知識を学ぶことによって、くすりを扱う仕事の奥深さを知り、そのうえで自分がやりたい仕事、将来の目標を見出していきます。入学当初は、新卒・既卒別に固まってしまうことも多いのですが、授業や実習を通してお互いを理解していくうちに、少しずつ距離が縮まり、協力しあってものごとを成し遂げていく大切さが実感できるようになります。専門知識を身につけることはもちろん、社会人としてのマナー、コミュニケーション力、プレゼンテーション力を学び、くすりを通して「人の役にたつ」プロの職業人を育てることに力を注いでいます。

実習で使用する器具はすべてホンモノ。使い方も基礎から指導します。プロの現場を体感しながら成長できます

授業・ゼミの雰囲気

チーム力の大切さを認識し、目標に向かって努力できる人材を育成

大野先生が担当している「プロ養成講座」でもっとも力を入れていることは、“コミュニケーション力の育成”です。くすりを扱う現場では、個人のスキルや専門知識が重要視されるイメージがあるかもしれませんが、どんなに専門性の高い現場であっても、何より大切なのは、人と人とのコミュニケーション。年齢や経歴に関係なく、チームで目標を共有しながら、仕事をすすめていくからこそ、よりよい結果が生まれること、そしてそれらは仕事に対する大きなやりがいにもつながることを、授業を通して学生たちに伝えています。

就職活動に関しては、個別の相談にも丁寧に対応。学生からの信頼も厚い

キミへのメッセージ

くすりに関する仕事に興味がある方には、ピッタリの環境です

くすりに関わる仕事は、想像している以上にたくさんあります。まだ明確な目標が定まっていなくても、まずはくすりについて幅広く学んでみましょう。専門知識を身につけることによって、将来の活躍の場が広がります。

大野 光宣先生

専門:バイオ技術における成分分析
経歴:日本大学大学院農学研究科修了後、私立高校で理科を教える。東京医薬専門学校の姉妹校『東京バイオテクノロジー専門学校』教員を経て現職。実験や分析の指導および、プロ養成講座を担当。就職活動時のサポートも行う。「指導する側と学生たちとの信頼関係も就職活動に大きく影響します。信頼関係を築くために学生とはできるだけ多くコミュニケーションを取るよう心がけています」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

東京医薬専門学校(専修学校/東京)