• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 奈良
  • 関西学研医療福祉学院
  • 先生・教授一覧
  • 田守 康彦先生(理学療法士)

こんな先生・教授から学べます

患者さまを笑顔にする、情熱的な理学療法士を育てる先生

理学療法士
理学療法学科 
田守 康彦先生
先生の取組み内容

理学療法士は介護福祉士や作業療法士などと同じく国家資格ですが、資格取得後、現場で理学療法士として患者さまにどう貢献できるかを常に視野に入れて勉強してほしいと考えています。例えば家族がリハビリテーションを必要とされた時、どんな理学療法士にお願いしたいかを考えると想像しやすいでしょうか。まず、人が相手の仕事である以上、あいさつなどの礼儀は大切です。また患者さまの生活を支えるという観点からいえば、時には理学療法士の専門分野以外の言語聴覚士や作業療法士の領域といえる知識も身に付けておくべきです。病気やけがを抱えてしまうと誰もがつらくなるものですが、そんな中で少しでも楽しさを感じ、笑って頂ける時間をつくれるように、患者さまの笑顔に少しでも貢献できる理学療法士の育成に取り組んでいます。

まずは身体そのものについて知ること。そうすれば身体の動かし方や動作の回復について理解しやすくなります

授業・ゼミの雰囲気

講義+実技を絶妙な組み合わせで行い、理解度を深める

田守先生が担当する「理学療法評価学III」の授業では、脳卒中など中枢神経系疾患の患者さまをどんな検査方法でどのように評価するか、講義と実技を交えて学習。「運動学実習I」では、体表からの骨や筋肉などへの触れ方を習得し、リハビリテーションに活かす方法を学びます。また「生活環境学」は、福祉住環境コーディネーター資格の取得を目指し、住環境の整備という観点で考えていく授業です。福祉住環境コーディネーターは高齢者や障がいのある方を含め、みんなが快適に暮らせる住環境を提案する資格です。

講義で学んだ内容を、実技を通してチェック

キミへのメッセージ

好きなことだからこそ、夢はどんどん広がっていきます

自分の好きなことが何かを考え、理学療法士の仕事の中に一部でもその好きなことが含まれているなら、迷わずにチャレンジしてください。人と接するのが好きな方に尚、大きな可能性の広がる魅力的な仕事です。

青森県出身。田守先生自身も、本校の卒業生

田守 康彦先生

専門は理学療法評価学。東京の大学を卒業後、スポーツシューズメーカーに就職。足を大切にする会社の理念を通して、学生時代に興味を抱いていた医療分野への思いが少しずつ強くなっていき、理学療法士の道を志すようになる。その後、関西学研医療福祉学院の理学療法学科に入学。理学療法士の国家資格を取得後、京都北山の病院で急性期から訪問リハビリテーションまで従事し勤務。後進の育成を考えるようになり、現職に至る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

関西学研医療福祉学院(専修学校/奈良)