• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 福岡
  • 純真学園大学
  • 先生・教授一覧
  • 濱田 維子(ゆきこ)教授(看護学)

私立大学/福岡

ジュンシンガクエンダイガク

看護学を学ぶことで、広がる将来の仕事

右へ
左へ

人といのちに寄り添い、社会や地域医療が抱える問題に向き合う力を習得

臨床時代の経験から「性教育」を重視し、幅広い対象に「いのちの大切さ」を伝えている濱田先生。そんな濱田先生と、先生が顧問を務めている「ぴあサークル」で部長を務める本田さんにお話をうかがいました。

看護学
保健医療学部 看護学科
濱田 維子(ゆきこ)教授
  • 専門領域/母性看護学 科目/「母性看護学概論」「母性看護学援助論」「母性看護学方法論」ほか
  • 福岡市内の総合病院産婦人科病棟で助産師として8年勤務。福岡県立看護専門学校の教員7年、日本赤十字九州国際看護大学の助手・講師を9年経験後、純真学園大学へ就任。
相手と繋がる力、治療後の生活も見据えて支える力を磨きます

課題を見極め、人や地域と深く関わっていく力が看護師には必要です

現在の医療体制は過渡期。病院で看取る時代から家族が介護し家で看取る時代にシフトし、AI導入による効率化も期待されています。そんな時代で看護に求められるのは、個々の思いと生活を理解し支える力です。授業では、学生がより身近に感じ考える事例を紹介しながら共感力や問題意識を強化しています。また、多職種連携教育やサークル・ボランティア活動などを通して、様々な組織や専門職と関わり提案する機会を提供しています。

学生には人を理解し、自分を表現する力も身につけてほしいです

授業では「性と生殖に関する権利」などのテーマも取り上げます

性教育を通じて幅広い対象に「いのちの大切さ」を伝えたいです

右へ
左へ

先生から教わった「人に寄り添う心」を大切にしながら活動を行っています

「ぴあサークル」は部員30名ほどで子宮頸がん予防啓発活動等を行っています。学園祭では部員が中心となって呼びかけ、毎年90名以上が子宮頸がん検診を受けています。また「リレーフォーライフ福岡」というがん予防啓発イベントにもボランティアで参加しています。濱田先生には臨床現場での経験を基にした助言を頂き、支えて頂いています。こうした活動を通して一人でも多くの人に、いのちについて考えてもらえると嬉しいです。

【本田 彩華さん】ぴあサークルの部長として学外での活動も先導

先生には人として相手に寄り添う心や姿勢を教わっています

将来は総合病院などで、多くの人に関われる看護師になりたいです

右へ
左へ

高校生へのメッセージ

看護師も独自の専門性を地域で発揮し貢献していける時代。様々な職種や地域の人といかに連携し、コーディネートできるかという力も求められています。これからの看護ができること、を一緒に学びましょう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

純真学園大学(私立大学/福岡)