• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 新潟
  • 開志専門職大学
  • 先生・教授一覧
  • 高松 孝光教授(マーケティング分野、グローバル経営学)

こんな先生・教授から学べます

「時代を開拓」するクリエイティブな起業家を育てる先生

マーケティング分野、グローバル経営学
事業創造学部 
高松 孝光教授
先生の取組み内容

マーケティングは「売る仕組み、売れる仕組み」を考えることに真髄があります。人間が自らの意思で考え出すことなので、クリエイティブな領域だと言えますね。現在ではIoT、AIなどを使って多くの事象を科学的に分析できますが、ゼロからアイデア生み出すことは人間だけの能力で、それこそがイノベーションでありサービスだと考えています。これらを踏まえ、私の授業ではマーケティングを学び、環境・時代の変化を客観的に読み解く洞察力と、自らの感性を磨くことに重点を置いています。それこそが「クリエイティブ力の源泉」だからです。模倣するだけでは評価は得られません。自身の感性を研ぎ澄まして、「時代を開拓」することに意義があります。私は、それらを推進していく起業家・企業内クリエイターの育成に情熱を持って取り組んでます。

ニューヨーク出張の一コマ、同僚と世界戦略を語った。

授業・ゼミの雰囲気

イノベーションを実現するクリエイティブな起業家に必要なのは「観察力」と「考えを止めないこと」です。

1クラス40人制の高松教授の講義では、学生が経営者の目線から社会を分析するのが特長。まだ見ぬ最適解とビジネスの価値を創造するため、自身のアイデアをどのようなサービスに変換できるかを学生同士で議論を交わしています。「学生たちには失敗を恐れずに、自身のアイデアをどんどんブラッシュアップしていただきたいですね。どれも無限の可能性を秘めていますから。またマーケティングの面白いところは、過去の成功例も参考にできるところです。それらの組み合わせで新たな価値を創り上げられるのもこの分野の醍醐味です。」と語る。

マーケティングは過去の事例に学ぶ部分も多いにあります。日常生活にも課題やチャンスが転がっています。

キミへのメッセージ

未来は君が創るのだ。マーケティングを学び時代を開拓しよう!

学生たちには、世界に羽ばたけるビジネスマインドをもった起業家を目指してほしいと願っています。社会の可能性を広げる実務的なマーケティングを学び、新しい価値をビジネスへ繋げられるよう一緒に学びましょう。

専門職大学という新しい学校で、授業や長時間の企業内実習を通じた実務的なマーケティングを教えています。

高松 孝光教授

専門:マーケティング分野、グローバル経営学
19歳でアメリカ留学。帰国後は大学で国際関係論を学ぶ。卒業後は広告代理店に勤務し、外資系自動車メーカーのブランドマーケティング職に従事。33歳で休職後、慶應義塾大学大学院経営管理研究科で経営学修士(MBA)取得。その後、飲料メーカー、衛星放送TV局、コンサルティング・ファーム等でマーケティング&セールス職を経て、本学教授着任。起業家を目指す学生に向け日々教壇に立つ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

開志専門職大学(私立大学/新潟)
RECRUIT